LINEで浮気がバレる。機種変直後は要注意!

 探偵社スプラッシュの今野裕幸氏によれば、「LINEで浮気がバレる」タイミングの第1位は「誤送信」、第2位は「ポップアップを見られたとき」、第3位が「子供をスマホで遊ばせていたとき」なのだという。そして、意外と侮れないミスが第4位の「機種変更直後」だ。

「彼氏のFacebookにやたらいいね!をしてくるようになった女子がいたので、名前を控えて、入浴中にLINEをチェックしました。ロック解除の番号もいくつか候補があったんですが、機種変直後でロックがかかっておらず、あっさり見ることができました」

 そう語るのは、3歳年上の彼氏とLINEがきっかけで破局したという布川直子さん(仮名・29歳)。トーク履歴には、案の定Facebookで目星をつけていた女子の名前があった。

「LINEで浮気がバレる」――機種変直後は要注意!

「魔術師が顔を出す」「ひとりでイメトレ」など、婉曲ながら下世話な言い回しのオンパレード

「そこには、『酔うとテーブルの下の魔術師が顔を出しちゃうから危険だよ!』などとノリノリでメッセージを送っている彼氏の姿がありました。そして、相手の女も『魔法かかっちゃったかも』などと応答していたので、これはSEXしたなと思って、スクショとトーク履歴をスマホに転送しました」

 トークの全履歴を熟読した結果、相手は合コンで出会った女子大生で、何度か飲みに行ったあとに「テーブルの下の魔術師」が顔を出したことがわかった。

「ベッキーの『卒論』じゃないけど、『テーブルの下の魔術師』っていう勃起感あふれる隠語が本当に気持ち悪かった。しかも二人だけの合言葉みたいに楽しんでる感じが、舐めんな!と思いました」

 彼氏にはA4サイズで32枚にわたるトーク履歴をつきつけて別れを宣告した直子さん。

「最初は平謝りだった彼氏でしたが、私が許すつもりはないと知ると逆ギレしだして。『ていうか人のスマホ勝手に見るとか、トーク履歴を勝手に転送するとか、何なの?』と。浮気をしてたのによくそんなこと言えるなと思いました」

 もしシロだったら責められるべきは彼女だったわけだが、クロだった以上、窃視したことを責めても勝ち目はないのだ。

― LINEは必ず浮気がバレる! ―

「仕事の“スイッチ”を入れろ!」WORLD ORDER須藤元気が教える「リアルゴールド ワークス」の活用法【PR】

-shared-img-thumb-SAYA160312140I9A3606_TP_V3
 昨今、コンビニやスーパーに行くと、エネルギードリンクをはじめとして、栄養ドリンク、機能性飲料など、働く男をサポートするさまざまなドリンクを目にする。…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中