探偵に聞いた「LINEからの浮気バレを防止する方法」

浮気バレしたくなかったらLINEはもう古い? 微に入り細に入りコミュニケーションの履歴を可視化してくれるLINE。やましいことのないカップルにとってはありがたい機能かもしれないが、浮気や不倫には不向きと言わざるを得ない。そこで、探偵社スプラッシュの今野裕幸氏に、浮気バレ防止のために利用されているアプリについて聞いてみた。

「まずは、スマホのメールを窃視しようとしたときに、ロック破りに失敗すると写真を撮られてしまうというアプリ『メールトラップ』。窃視しようとしていたことがバレてしまうだけでなく、そのときの形相まで写真で押さえられてしまうのだから、ダメージは相当なものですね」

 さらに、通話アプリとして注目されているのが「Wickr」。

「メッセージを消去する時間が設定できたり、スクショが撮れないように設定されていることで、セキュリティの面では現在最高峰と言われている通話アプリです。でも結局こういったアプリを使っている時点で怪しい、と思われてしまっては意味がないんですけどね(笑)」

【メールトラップ】
メールのアイコンを模したアイコンのアプリで、起動すると暗証番号を求められ、間違えると顔を撮影される。TV番組で徳井義実が紹介したことでも話題に。 LINEアイコンを模すことも可能

【Wickr】
送受信時にメッセージが暗号化されることと、データが自動消去されるため、情報漏洩の危険性が極めて低い。写真も、タップしている間しか表示されないし、スクリーンショットも撮れない

― LINEは必ず浮気がバレる! ―

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中