オシャレタウンへと変貌した「東京の下町」 先住民たちの本音は?

「ブルーボトルコーヒー」が清澄白河に日本1号店を出したとき、なぜ?と思った人もいただろう。しかし、今や、東京の東半分はオシャレタウンへと変貌しているのだ。街と人、ライフスタイルの変化を探ってみた。

谷中銀座

谷中銀座

イースト・トーキョーの先住民の本音は?


 長屋や地域猫を生かすかたちで第一次イースト・トーキョーブームを巻き起こした谷根千まわりの先住民たちに話を聞いた。

 日暮里生まれの30代男性曰く「’96年にNHK朝ドラ『ひまわり』の舞台になったあたりから、少しずつ観光地化が始まった。最近は谷中銀座の半分ほどが観光客向けの店になり“竹下通り化”した感がありますね」。

 よみせ通りの酒店「リカーズ のだや」の三代目・佐藤幸平さんも「谷根千のブランド化につれ、周囲の地域が高層マンションの建設ラッシュになり、日暮里富士見坂から富士山も見えなくなった」と振り返る。

「でも長屋を改装してアトリエを持つ芸大卒業生のように、街を大事にしながら活性化してくれる人たちは本当にありがたい。新しい住民の方も感度の高い人が多く、いいお客さんになっていただいています」

 千駄木に移住した男性も「すぐ町内会に誘われ、子供を遊ばせても近所の人が見てくれたりと本当に温かい」と話すように、新住民も歓迎されている。

 一方で台東区の末広会商店街で「ふくはら酒店」を営む三代目・福原敏昭さんは「ウチは東東京のブームはまだ感じていない」という。

「清澄白河は倉庫街の空き物件を使って一気に活性化したけど、この辺りで同じことはできないからね。でもウチも機会があれば『台東デザイナーズビレッジの校庭で日本酒の会を開催』みたいな面白いことを若い人たちとやりたいね」

photo by Yoshihiro Toda via flickr
― 東京の下町が「イースト・トーキョー」になっていた ―

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中