「清澄白河」がカフェがひしめく激戦区になったワケ

 東京の東半分、台東区・墨田区・江東区エリアが「ハイセンス」な街へと変貌している。街と人、ライフスタイルの変化を探ってみた。

<イースト・トーキョーの第2期ムーブメントを起こしているのはココ!>

【清澄白河】元材木倉庫街という利点を最大限に生かし、コーヒーの街に


ブルーボトルコーヒー

“コーヒー界のApple”とも呼ばれサードウェーブコーヒーブームの火付け役にもなった

「昔は材木屋が多く、木材を倉庫で加工し、水上交通で運び出すような場所だった」(台東デザイナーズビレッジ村長の鈴木淳氏)という清澄白河。

 それが最近は「ブルーボトルコーヒー」「アライズコーヒー」「fukadaso(深田荘)」など、人気のカフェがひしめく激戦区として話題を呼ぶことに。

「そうしたカフェのいくつかは、元材木屋の倉庫などを店舗に活用しているのが特徴ですね。ブルーボトルコーヒーも、ロースターを設置することから『天井が高くて周囲に住宅がなく、匂いが出ても大丈夫な場所』として、この地にたどり着いたそうです」(鈴木氏)

 古くからある建物が形を変えて使われていることもあり、カフェ前の若者をキャッチすると「街がオシャレに変わっていっても、下町の心は残っている」とのこと。

「休みの日は東京都現代美術館とコーヒー屋巡りでのんびり」なんて暮らし方をする人も多く、庭園も公園もあるハイソで落ち着いた地域だ。ただ、家賃の上昇も進み、最近ではサードウェーブ男子の移住にはやや敷居が高めか。

― 東京の下町が「イースト・トーキョー」になっていた ―

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中