葬儀の平均費用189万円はウソ…良い葬儀屋さんを選ぶ方法

 知っているようで意外と知らないお通夜やお葬式でのマナー、葬儀業界の裏話を独自の視点で発信し、「ライブドアブログOF THE YEAR 2015」にも選ばれるなど、注目を集めるサイト「考える葬儀屋さんのブログ」。同ブログの管理人・物理教師氏は、葬儀社歴15年以上の経験に裏付けされた豊富な知識を持つ一方、古い商慣習にとらわれないリアルな情報を発信し続けるその道のプロだ。今回、そんな氏に“世界一高額”と言われる日本のお葬式費用について話をうかがった。

葬式費用189万円はウソ!世界一高額な日本のお葬式費用を減らす方法――早速ですが、日本のお葬式にかかる費用は平均200万円前後。アメリカの約44万円、イギリスは約12万円、ドイツは約19万円と、他国と比較しても飛び抜けています。世界一高額だとも言われますが、実際のところどうなのでしょう?

 よく報道されている、葬儀の平均費用が189万円というのは間違いです。これは統計の取り方がおかしいデータなので、実態より2割増しくらいになっています。正しくはお坊さんへのお布施を入れて総額150万円前後だと思います。

 このデータは、ある財団法人が行ったアンケート結果をもとにしているのですが、みなさんはこのアンケートを、葬儀費用を払った人に対して行っていると思うかもしれません。しかし、実はそうではなく、人から伝え聞いたという金額もOKにしているのです。かかった葬儀費用を他人に話すとき、私たちは実際の金額よりつい高めに言ってしまいがち。そのため本来より高い数値になっているのだと思われます。

 また、サンプル数が少なすぎるという問題もあります。葬儀一式費用の近畿地方のサンプル数がたったの1人というときもありました。とても統計とは呼べない代物なのです。お葬式は高価な買い物なので失敗は許されません。報道を鵜呑みにするのは危険なのです。

――葬儀代は不当に高いというわけではない、と。

 必ず儲かる職業と言われていた葬儀屋ですが、葬儀の値段はどんどん下がり、今ではかなりブラック化しています。お葬式以外にも、病院の死亡退院の対応や事故での死亡対応業務など、24時間365日営業の必要があるため、36時間連続勤務だとか、1か月無休といった職場の噂も聞きます。一方で遺族に感謝され、すごくやりがいのある職業のため、現場のスタッフは無理をしがち。その対価として考えれば、葬儀代は決して不当に高いわけではないのです。

――昨今では格安料金をうたう葬儀社もあるようですが……

 最近よくあるインターネットで格安料金をうたっている葬儀社には注意が必要です。葬儀屋はITに弱く、これらの実態はブローカーがインターネットで集客して葬儀屋に顧客を紹介しているだけ。インターネット分野は競争が激しく、葬儀屋にとってほとんど利益が出ない仕事のため、追加商品を積極的に売って、それを補填しようとする悪徳な葬儀屋も中にはいるようです。

――では、そのなかでも良い葬儀屋さんを選ぶにはどうすればよいのでしょうか?

 いくつかあるのですが、鉄則は複数の葬儀社を比較することです。たとえば、セカンドオピニオン方式。まず、複数の葬儀社に連絡して、「どのエリアで、何人くらいの葬儀をしたい」などの要望を伝え、見積もりをデータ化して、メールで送ってもらいます。そのなかで、最安値の葬儀社の見積もりを他の葬儀社に添付して送り、「御社の見積もりとの価格差の理由を説明してほしい」と言うのです。そこで、ちゃんと説明ができるのが他社研究も価格体系もしっかりしている良い葬儀社ですね。

 病院契約の葬儀社に頼まなくてはいけないのでは?と考える方もいるようですが、今では病院の業者に頼んではいけないというのはほぼ常識で、そういうケースは1割程度に過ぎません。さもなければ、安置場所までの搬送だけ病院契約の葬儀社にお願いして、一旦お引き取り願い、半日ほどかけて正式に頼む葬儀社を探すのがよいでしょう。もちろん、亡くなる前の事前相談の段階で行うのがベストです。

――なかには簡素な葬式を望む人もいると思うが、そういう人に対してのオススメは?

 予算の関係上、お葬式をしないで火葬だけをする方もいるでしょう。これを直葬といいます。これなら20万~30万円で行えます。全く何もしないことに抵抗がある人は火葬炉前にお坊さんを呼んで10分くらい、お経をあげてもらっても良いでしょう。これなら、お坊さんの御礼は5万円前後で済むかと思います。

【物理教師】
葬儀社に15年以上勤務し、業界内部を知り尽くしたその道のプロ。業務内容はお葬式の担当と葬儀・葬儀業界の分析。Twitterアカウントは@kangaerusougiya。「ライブドアブログOF THE YEAR 2015」にも選ばれ、月間45万PVを突破した「考える葬儀屋さんのブログ」も日々更新中。

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中