『服装とかメイクがダサいコとは遊びたくない』という人が一番ダサい――18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」

17歳Hカップ黒ギャル支配人」として日刊SPA!に登場以来、大反響を巻き起こしてきた“このみん”こと園田好(そのだこのみ、18歳)。若くして様々な仕事の経験を経てきた彼女が綴る人生&ビジネス論コラム。

18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」

「仲間の敵はわたしの敵」ほどくだらない考え方はない


 みなさんは今まで、こんなことを言う人に出会ったことがありませんか?

「あいつ、わたしの親友のこと傷つけたの。だからわたしも許さない」

「あいつ、おれの尊敬する先輩のこと裏切ったから、おれにとっても敵なんだよね」

 これは、“傷つけた”や“裏切った”の度合いにもよりますが、わたしは人間関係においてこの考え方ほどくだらないものはないと思います。

 直接傷つけられたり裏切られたりしたのならまだしも、何も関係ないのにそうやって勝手に登場してきて、人が“はぶられる”ような状況をつくる。極端にいえば、こういう風にしゃしゃり出てくる人たちが「いじめ」というものをつくっちゃってると思うんです。

 そして例えば、「あいつおれ(わたし)のこと裏切ったから、お前もあいつと関わるなよ」なんてわたしの友達が言ったとしたら、その人自体わたしにとって価値のない人になってしまいます。中学生とかならまだしも、結構な大人でもこういうこと言う人がいるらしいからビックリですよね。

18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」 でも、わたしの経験では、誰かに尊敬されるような人は大抵の場合そういうことは言わないものです。尊敬してる側が勝手にそういう惨めなことをしてる、という印象ですね。

一生感謝したい友達


 何が言いたいのかというと、「他人の目や声を気にした人間関係をつくるのはもうやめませんか?」ということです。

 多かれ少なかれ誰でもそういう経験はあると思いますが、わたしも昔、仲間内というか先輩たちから“はぶられた”ことがあります。はぶられたり、軽く暴力も受けたり…完全に居場所がなくなったような感覚になりました…。

 でも、そのときにひとりだけ、以前と変わらずに接してくれた1個上の友達がいました。「わたしにはあの人たちとこのみが仲悪いのは関係ないから」と言って抜け出して、一緒に帰ってくれたんです。はぶられたこと、暴力を受けたことに関しては一切涙が出なかったわたしなのに、その優しさに自然と涙が出てきたことは今でも鮮明に覚えてます。

18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」 もう何年も経ちますが、わたしはその友達にはいまだに感謝しているし、今後も一生、彼女に何かあれば必ず全力で助けようと思っています。

 彼女は、他人の目を気にせずに、自分の判断でわたしとの人間関係を変えることなく続けてくれた。もしかしたら、「お前このみと仲良くすんなよ」って言われたかもしれないけど、そんなことも関係なく。

 これほどかっこいい姿勢はないと思いました。

 そう、自分の判断だけで人間関係を築くというのはそれだけでかっこいいこと。それは生涯変わらないと思います。また、人間は楽しい場を共有する人より、辛いときにそばにいてくれる人を大切にすべきなんだとも思います。

人はアクセサリーじゃない!


 では、わたし自身の人間関係の判断基準はどんなものか?

18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」 わたしは、自分のことを好きでいてくれると思える人のことは、それと同じかそれ以上に好きでいるし大切にします。基本、それだけですね。

 他人の目や声は関係ないし、もちろん見た目なんかでも判断しません。自分が見た目で判断されることが多いからこそ、外見ではなく中身や気持ちで人を見たいと思っています。

18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」 たまに、「服装とかメイクがダサいコとは遊びたくない。一緒に歩けない!」と言う人がいますが、そういう気持ちこそ最もダサいし、そんな人より服装がダサくてもたくさんの知識を持ってたり色んな引き出しを持ってる人のほうが断然かっこいいです。

「服装とかメイクがダサいコとは遊びたくない」というのは、自分の判断で人間関係を築けない人の究極的な考え方ですね。人はアクセサリーじゃないのです。

 そんな、人間関係も自分の判断で決められないような人は、少なくとも良きリーダーには絶対になれないでしょう。

【園田好(そのだ・このみ)】
1997年仙台市生まれの18歳。15歳で単身上京後、渋谷のガングロカフェ店長に。現在は秋葉原にある「タレントリゾートカフェ」の支配人を務める。
・Twitterアカウントは @konomin_sama
・Instagramアカウントは konomin_sama
・ブログは http://ameblo.jp/konomin1221/

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1076596

<撮影/長谷英史>

この特集の記事一覧

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(12)
メンズファッションバイヤーMB
「クールビズ」がダサく見えるのはなぜ?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
人生は決して諦めないこと…映画『トランボ』に学ぶ
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンがWWEと“絶縁”した日——フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第140回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「俺と二人で旅がしたいの?」——46歳のバツイチおじさんは男前すぎるセリフを真顔で言い放った
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
「なんで飲食業でモデルみたいな恰好してるんだ?」ロスの税関で4時間尋問を受けて感じたこと
大川弘一の「俺から目線」
俺の問題にはなるな——連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中