ショーンKの学歴詐称レトリックはキャバクラに応用可能【コラムニスト木村和久】

― 木村和久の「オヤ充のススメ」その111 ―

 ショーンK様、このたびの経歴・学歴詐称報道、誠に残念でございます。顔はいいし、声もいいし、身なりもいい。しかも、英語ペラペラの自称ハーフで、ハーバードのMBAを取っているなんて、テレビを見ているおばちゃんは、イチコロでした。テレビ関係者やマスコミ関係者も、まんまと騙され、全国民を手玉に取ったという意味じゃ、凄いことですよ。なにしろ、天下の報道ステーションにコメンテイターとして出れたのですから。後の世では「日の本一のかぶき者」として称賛され、「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」のように、映画化されることでしょう。

ショーン・マクアードル川上氏ホームページより

ショーン・マクアードル川上氏ホームページより

 ショーンK様の偉大な教えは、脈々と受け継がれ、実力のない若者や、収入の少ないオヤジの心の支えになることでしょう。えっ、どこで? そうなんです、ショーンK様の教えや世界観は、そのまんま、まるごとキャバクラで使えます。是非、見習ってキャバクラドリームを叶えようじゃありませんか。

 さて具体的なショーンKの教えを学びましょう。

その①「キャバクラは見た目が10割」

 馬子にも衣装と言われているように、K様のようにびしっと着こなして行くと、キャバクラではウケます。場所も六本木や銀座などのスーツの街では、逆にカジュアルで決めた方が、目立っていいのかもしれない。いずれにせよ、こざっぱりした清潔そうな格好で、臨むがよろしい。

その②「自分を大きな存在に見せる」

 これは孔雀の求愛行動と一緒です。限界まで羽根を広げて、大風呂敷を広げ、キャバ嬢を攻略しましょう。言い方として「オレはハーバードでMBA取ったぞ」と自分で言うと、いかにも怪しいのでやめましょう。自分をでっかく見せるコツは、友達とキャバクラに行き、お互いを褒めたたえるのがよろしい。

「あいつは、アメリカ留学中に、クリントンとゴルフしたんだぜ~」とか言ってれば、「そういうお前は、ミスカリフォルニアとつきあってたな」とかね。 キャバクラで「モテないし、お金ない」と言うと、昔は「そんなことないですよ。お金あるからここにいるんでしょ」と、キャバ嬢から返事が返って来た。けど最近は、あまりにも素人過ぎて対応がストレート。「金ないんだ~」というと「じゃ、そろそろチェックする?」で終わりですから。はっきりと自己PRしないとダメです。

その③「親しみを込めた愛称で」

 キャバクラ嬢は源氏名という、別名で店に出ている。源氏名の由来は、あの源氏物語の登場人物の9割以上が、仮名で登場していた。そこから店に出る時の、かりそめの名前を源氏名というようになった。というわけで、実は男性も、ニックネームや愛称をつけ、かりそめの名前同士で、ハメを外すがよろしい。

 私の場合は「キムキム」になっているが、そのようなニックネーム、ショーンK様関連では目白押しだ。「ホラッチョK」は当たり前過ぎる。「MBA48」(K様は48歳)は、AKB風でいいよね。ほかに「テンプル10マンス」とか「ショーンK、β版で~す」「コンサル600」あたりが、ぐっと来ます。ひと月ぐらいはショーン様関連で、ネタが持つでしょう。是非、お試しあれ。

その④「話の内容より、語り方、仕草に注意を払う」

 女性に難しい話をしてもしょうがない。女性とは気に入った人の話は面白いし、ためになると、感じる生き物である。じゃどうやって、気にいられるか。気障な振る舞いは出来ないので、会った瞬間に「キミ可愛いね、何かドリンク飲む?」と、言えばいい。それだけで、第一印象が全然違うから。どうせトーク中に「何か飲み物、頼んでいいですか?」って、聞かれるんだから。だったら、先にドリンクをあげなさい。

その⑤「ショーンKのそっくりさんを探せ、山の手線ゲーム」

  思うがままにショーンKに似てそうな人物を言い当てて、外したらイッキだね。探すと結構ありますぞ~。

 最初はなんといってもジョン・カビラにクリス・ペプラー、マイケル富岡、勢いでジョージ・マイケルと来るでしょう。やがてウケ狙いで、サンダーバード1号の操縦士のスコット。某Kさんが、スコットの写真を持って、美容整形に行き「この顔にして下さい」と言ったら、先生は「髪の毛、ナイロンになるけどいい?」と言ったとさ。話を盛りまくりでんがな。

 極めつけは、ハッカー集団、アノニマスの仮面ってえのはどうだ。さすがテンプル騎士団って、それはテンプル大学10ケ月だっつうの。

木村和久

木村和久

 ほかジョン・レノンの息子のショーンって、名前だけじゃん、似ているの。だったらショーン・小杉やショーン・ペンはどう?って、もうぐだぐだ。最後は「あ~4月から、どうやって生きてゆけばいいですかね」とぼやいて、退散あるのみですな。

■木村和久(きむらかずひさ)■
トレンドを読み解くコラムニストとして数々のベストセラーを上梓。ゴルフやキャバクラにも通じる、大人の遊び人。現在は日本株を中心としたデイトレードにも挑戦

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(12)
メンズファッションバイヤーMB
「クールビズ」がダサく見えるのはなぜ?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
人生は決して諦めないこと…映画『トランボ』に学ぶ
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンがWWEと“絶縁”した日——フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第140回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「俺と二人で旅がしたいの?」——46歳のバツイチおじさんは男前すぎるセリフを真顔で言い放った
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
「なんで飲食業でモデルみたいな恰好してるんだ?」ロスの税関で4時間尋問を受けて感じたこと
大川弘一の「俺から目線」
俺の問題にはなるな——連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中