衣替えの季節に冬物をクリーニングすべきか否か? プロはどうしている?

メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第68回目をよろしくお願いします。

この時期にクリーニングしないと黄ばみが起きます!

メンズファッションバイヤーのMB氏

メンズファッションバイヤーのMB氏。「『オシャレに見える』にはちゃんと理由があるんです」が持論(撮影/難波雄史)

 衣替えの時期、私が大嫌いなのがクリーニングです。先日「ユニクロルメールコレクションで12万円散財した」なんて記事を書いて相当数の「いいね!」をいただいたのですが……仕事柄、洋服はどんどん増えていきます。毎年の衣替えの時期のクリーニング代とその労力は半端なものではありません。

 もっとも私のような「衣装持ち」の人でなくても、わざわざクリーニング店へ持ち込んで2~3日後にまた取りに行くという作業は面倒ですし、値段も高い。たかだか水洗いのクリーニングとアイロンプレスで終わるYシャツですら300円程度かかるところも。ニットなら500円かかり、冬物を10枚も持ち込むとバカにならない金額になります。

「え? 面倒だからクリーニングなんてしないよ」

 しかし、こういう人は今年からちゃんとしましょう。というのも、去年着ていた冬物をタンスから出してみたら黄ばみが出てしまっていた、なんてことありませんか?

 洗濯機で洗うだけでは十分に汚れが落ちない場合があります。それらの汚れが徐々に徐々に時間をかけて生地に浸透し、いざ着る段になって黄ばみが発覚するケースは多いです。

 とくにアウターなどは家庭で洗うことがほぼできません。クリーニングせずにしまっていると数万円かけて買った大切なコートが台無しなんてことも。ウールも基本的には家庭で洗濯できませんね。シルクやカシミヤは自宅で洗うと風合いが損なわれます。

 しかしそうはいっても上述のとおり「クリーニングは面倒なうえに意外とお金がかかる」もの。誰もが衣替えの季節に一度は悩まされることでしょう。

 しかし「誰もが悩んでいること」は大きなビジネスチャンスでもあります……そこに目をつけたのが「ネット完結型クリーニングサービス」です。面倒じゃなくて手頃な価格でできるため、今年の衣替えの時期にかけて猛烈な勢いで広がりを見せています(時期だけに広告バンバン打ってますしね)。

送料以外デメリットなし! ネット完結型クリーニングサービス

衣替えの季節に冬物をクリーニングすべきか否か?

https://www.lenet.jp/trial

 facebookなどで頻繁に広告を見かける「lenet」。清潔感のあるチャンネーが写っているあたり、すでに私の近所にある無愛想なオバチャンクリーニング店とは一線を画しているのですが、このlenetに限らず、最近のクリーニングは「ネット完結」が基本です。

 スマホで注文すると配送会社が取りに来てくれるので段ボールにつめて送ります。あとは数日後(最短2日)に、クリーニングが完了した状態で送り返してくれる簡単仕様。

 既存の「出しに行って・取りに行く」という手間を考えるとかなり楽です。そのうえ、一般のクリーニング店と比べると価格もぼちぼち安い。ただ「驚くほど安い」ということは正直ありません。というのも送料がかかるから。一般会員なら送料は一律980円とのこと。Yシャツ一枚だけ出すならどう考えても近所のクリーニング店のほうが安いです。ただ衣替えで10枚出すのならこっちのほうが安いし楽です。プレミアム会員になれば送料が無料になったりと色々特典があるようなので、私のような「衣装持ち」は会員になったほうがお得です。

spa2

http://www.lenet-hokan.jp/

 また、都内で洋服の保管場所に困る人などに便利な「保管サービス」もあります。最大8か月保管してくれて7点プランだと7700円。ニットやカシミヤ、冬物コートなど重さがあり型崩れしやすいものは保管が面倒です。ハンガーにかけておくと袖が伸びるし、かといってたたんでおくと畳みシワがついてしまいます。Tシャツやシャツなどならまだしもこういった冬の重量のある服は保管してもらっておくのも手かも。「アパレルブランドと同レベルの保管環境」と安心を謳っていて管理には自信があるのでしょう(ただ、アパレルブランドもテキトーなところ多いですけどね……)。

 もちろんシミ抜きやヨゴレ取りのサービスもあるとのこと。衣替えの時期にとにかく面倒で時間とお金と手間をとられるクリーニング。最近発展してきた「ネット完結型クリーニングサービス」を使ってみてはいかがでしょうか。〈文/MB〉

【MB】
メンズファッション専門のバイヤー(@MBKnowerMag)。年間数十のブランドの展示会に足を運び、買いつけを行う。子供の頃から“狂うほど”洋服が好きで、ファッション業界に知悉している。ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法(www.neqwsnet-japan.info)」が話題に。また、メルマガ「最も早くオシャレになる方法(www.mag2.com/m/0001622754.html)」では、「安くてオシャレになるアイテム」を紹介し即完が続出。ニコニコ動画ではブロマガと生放送「MBチャンネル」もスタート。女子SPA!でも「レディースファッション」に関するコラムを連載開始。ファッション誌では読めない歯に衣着せぬ言説が注目されている。自身のブランド「MB」にてスキニーパンツを発売したところ、5分で完売! 初の著書『最速でおしゃれに見せる方法』が発売中

最速でおしゃれに見せる方法

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版

洋服に年間1000万円使った男が激賞する「ユニクロのTシャツ」とは?

スーピマカットソー
 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第81回目をよろしくお願いします…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(9)
メンズファッションバイヤーMB
洋服に年間1000万円使った男が激賞する「ユニクロのTシャツ」とは?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
ストーカー対策も万全!? 水商売から学ぶ女性の危機管理術
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンの“引退ドラマ”にウォリアー出現――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第125回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「街の匂いもメシの味も何もかも合わない」――46歳のバツイチおじさんはスリランカに来たことを激しく後悔した
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
日本の接客は「世界一」ではない!――
大川弘一の「俺から目線」
万引きでもしたら?――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
マックvsスタバの「チーズケーキ対決」、あなたはどっち派? 世界中の両チェーンに通う男が勝手に判定
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
日本代表とレジェンドが集結してもガラガラ。東京五輪最強の穴場競技はシンクロで決定!?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中