KARAの妹分・Aprilが日本にやってきた!【ファンミーティングレポート】

2015年8月にミニアルバム「Dream Candy」をリリースしてデビューし、本国の韓国だけでなく、日本でもタワーレコードの総合1位(8月26日付)を獲得するなど大ヒットを記録したKARAの妹分のApril。現在、最新号vol.19が好評発売中の「K-BOY Paradise」では、昨年11月発売の号vol.18でK-POPガールズグループの注目株として、どこの韓流誌よりもいち早く紹介した。その話題のAprilが、遂に日本に参上した!

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1081367

April

平均年齢16歳の彼女たちが、可憐に歌とダンスを披露

 3月6日、東京・豊洲PITでファンミーティング「The First Fairytale」が開催。念願の日本初ファンミということで、メンバー5人はいつもとは雰囲気が違う様子。「初めての日本での舞台で緊張していますが、それ以上に期待もトキメキもあります」(ヒョンジュン)、「まだ日本でやれるなんて実感がわきません(笑)。初めて対面するファンのみなさんに自分たちの魅力をたくさんお見せしたいです」(イェナ)という直前のコメントからもうかがえた。

ヨンジ

スペシャルMCのヨンジ(KARA)

 しかし、オープニングに披露したデビュー曲「Dream Candy」をはじめ、全9曲を披露した姿は緊張感もまったくない様子。華麗なダンスも元気いっぱいに魅せてくれ、その姿には、イベントのスペシャルMCを務めたKARAのヨンジも大絶賛していた。今回のファンミでは、昨年10月に発足した日本ファンクラブ「FINEAPLLE JAPAN」の団結式も。メンバー全員による誓約書への署名、さらには“FINEAPLLE”を“パインナップル”と発音するということから、ファンクラブのメンバーからパインナップルとFCの自己紹介ブックを贈呈され、改めて日本のファンとの絆を深めていった。ほかにも、ファンからの質問に答える「教えてApril」や会場のファンとメンバーとが伝言お絵描きゲームで競い合う「お絵かきApril」などコーナーが目白押し。さらには、スペシャルMCを務めたヨンジが尾崎豊の「I LOVE YOU」を披露するなど、約2時間、豪華なステージとなった。

今後も、韓国だけでなく日本でも活動を続けていくAprilの5人。今後、どんなガールズグループを目指しているかを聞いてみると、

「Aprilといえば、誰もが知っているグループになりたい」(ヒョンジュン)、「みんなに愛されて癒やされるグループになりたい」(イェナ)、「私たちの姿を見て、幸せを感じてほしい!」(チェウォン)、「Aprilからよいエネルギーを受けてもらいたい」(ナウン)、「これからも感動をあたえたい!」(ジンソル)と、みんなハツラツとしたコメントしてくれた。

 最後に日本のファンにメッセージを寄せてくれたメンバーたち。

「いつも力をくださってありがとうございます。もっと頑張りたいと思いますので、応援してください。愛してます!」(ヒョンジュン)

「今日のようなミーティングでファンのみなさんに出会うことで、力をもらっています。こういう機会がもっと増えて、ファンのみなさんと会えたらいいな」(イェナ)

「これからもAprilの活動も日本語も一生懸命頑張りますので、みなさんずっと応援よろしくお願いします。ずっとAprilのそばにいてください。大好きで~す!」(チェウォン)

「Dream Candy」リリースした時から日本のみなさんが私たちのことを知ってくださっていて、ビックリしました。遠くから応援してくれてうれしかったです。これからも日本に来る機会がたくさん増えたらいいな」(ナウン)

「日本のみなさん、これからもいっぱい頑張りますので、ずっとAprilのファンでいてくださいね。大好きで~す!」(ジンソル)

今年は日本のミュージックシーンでも席巻すること必至のApril。これからも彼女たちの活動に注目したい。

April

(上段左から)チェウォン、ナウン、ヒョンジュン(下段左から)ジンソル、イェナ

<取材・文/日刊SPA!>

K-BOY Paradise vol.19

Amazon限定ポストカード付き


K-BOY Paradise vol.18

Aprilをどこの韓流誌よりもいち早く紹介!

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中