ホーガンVSアンドレ“世紀の一戦”プラン――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第62回

「フミ斎藤のプロレス講座別冊」月~金更新 WWEヒストリー第62回


 アメリカのプロレス史におけるライブイベントの観客動員記録は、“レッスルマニア3”がはじき出した9万3173人という数字である(1987年3月29日=ミシガン州ポンティアック、ポンティアック・シルバードーム)。

 興行収益は160万ドル。全米各地の映画館、劇場でおこなわれたクローズド・サーキット上映はのべ44万人の観客を動員。PPV放映はバイ・レート8パーセント(番組契約可能な全米500万世帯に対して40万世帯が有料受信)。会場内でのグッズの売り上げ総額は54万ドル。いずれもこの時点でのあらゆるプロスポーツ興行の1日あたりの収益記録を更新した。

“レッスルマニア3”のメインイベント、ハルク・ホーガン対アンドレ・ザ・ジャイアントのシングルマッチは、非常にていねいにプランニングされた“世紀の一戦”だった。ビンス・マクマホンは、この試合を「まだいちども実現していないドリーム・マッチ」としてプロモートした。

ホーガン対アンドレ

ホーガン対アンドレの“世紀の一戦”は、まだいちども実現していないドリーム・マッチとして“レッスルマニア3”のメインイベントにラインナップされた(写真は「レッスルマニア3」オフィシャルDVDカバーより)

 じっさいにはホーガン対アンドレのシングルマッチは1980年代前半にニューヨーク、ロサンゼルス、アトランタ、ニューオーリンズ、そして新日本プロレスのリングですでに何度か実現していたが、ビンスはこの事実をあえて無視した。

 いちばん有名なところではニューヨークのシェイ・スタジアムでおこなれた試合(1980年8月9日)があるが、“1984”以前のできごとは完全に記録から抹消されていた。1980年代のWWEは、こういったプロレス史の“書き換え作業”をくり返した。それは一種のリビジョニズム(歴史修正主義)といっていいプロパガンダ的な手法だった。

 ホーガンは1979年から1981年にかけて約2年間、若手ヒールとしてビンス・マクマホン・シニア体制のニューヨークをサーキットしたが、このデータも“1984”とともにWWE史から消された。

 ホーガンは1984年1月のWWE世界ヘビー級王座獲得以来、いちどもフォール負けを喫していない無敵のチャンピオンで、アンドレもデビュー以来、いちども負けたことがない大巨人。ホーガンとアンドレのシングルマッチは“最初で最後の世界最強決定戦”というコンセプトでプランニングされた。

 1946年2月生まれのアンドレは、この時点ですでにキャリア23年、40歳のベテランになっていた。持病の糖尿病と体重増加でコンディションが悪化し、この前年から腰の手術―リハビリのため長期欠場をつづけていたアンドレに対して専門医は引退を勧告していたが、WWEはそんなギリギリのタイミングでこの“世紀の一戦”をなんとか実現させようとした。

次ページホーガンとアンドレの“第1次接近遭遇”は…

この特集の記事一覧

“結婚したいけど相手なし時代” 理想の相手と巡り会うための「見た目や中身以上に大切なこと」とは?

女性は1人目の相手でゴールインもあるんだって!
sponsored
 いずれは結婚しようと考える未婚者の割合が男性85.7%、女性89.3%と高水準だったにもかかわらず、異性の交際相手をもたない未婚者が男性69.8%、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中