“記憶の残る名勝負”サベージvsスティムボート――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第64回

「フミ斎藤のプロレス講座別冊」月~金更新 WWEヒストリー第64回


ランディ・サベージ対リッキー・スティムボート

“レッスルマニア3”でおこなわれたランディ・サベージ対リッキー・スティムボートのインターコンチネンタル選手権は、いまでも多くのファンが“心のベストマッチ”として記憶する名勝負である(写真は「レッスルマニア3」オフィシャル・ポスターより)

 “レッスルマニア3”でおこなわれたリッキー“ザ・ドラゴン”スティムボート対“マッチョマン”ランディ・サベージのインターコンチネンタル選手権は、1980年代のアメリカのプロレス史を代表する名勝負のひとつといわれている(1987年3月29日=ミシガン州ポンティアック、ポンティアック・シルバードーム)。

 名勝負にはこれといった具体的な定義があるわけではないが、それを目撃した観客のハートにずっと残る試合、世代から世代へと語り継がれていく試合が名勝負とカテゴライズされるのだろう。

 スティムボート対サベージの一戦を“マイ・ベスト・マッチ”ととらえているファンのほとんどは、不思議なことにこの試合を30分を超える持久戦として記憶している。しかし、じっさいのファイトタイムはその半分の14分35秒だった。

 1953年2月生まれのスティムボートはこのとき34歳で、キャリアは13年。1952年11月生まれのサベージもまた34歳で、キャリアは14年。ふたりともプロレスラーとしては体力的にも技術的にもまさにピークにあったことはまちがいない。

次ページサベージのリングコスチュームは…

この特集の記事一覧

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中