K-POP界のNo.1プロデューサーが手がける日本初の音楽グループ「CHERRSEE」が大舞台で鮮烈デビュー

 BIGBANGへの楽曲提供など、K-POP界のNo.1プロデューサー「勇敢な兄弟」が手がける日本初の音楽グループ「CHERRSEE」が華々しいデビューを飾った。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1093936

CHERRSEE

(写真左から)MIYU、LENA、SAYURI、HIKARU、NENE/CHERRSEE公式サイトより

 応募総数5,800人から選ばれた本格派ダンスボーカルグループ「CHERRSEE」が舞台に立ったのは、10~20代の女性から圧倒的な支持を集める日本最大級のガールズイベント「GirlsAward2016」だ。5月25日のCDデビューに先駆けた出演だったことから彼女たちの知名度はなかったが、客席の女性たちを惹きつけ、「あの子、かわいい!」「ダンスがかっこいい」といった声も聞こえてきた。

 彼女たちを手がけるのは、韓国でBIGBANG、SISTAR、AOA、4Minuteなど、多くのアーティストに楽曲を提供するK-POP界No.1プロデューサー「勇敢な兄弟」で、今回が初の日本アーティストとなる。K-POPとJ-POPをクロスオーバーする本格派グループがついに始動した。彼は、2000年代のK-POPシーンをリードする「ヒップトロニカ(ヒップホップ+エレクトロニカ)」ミュージックを韓国で大衆化させ、この分野においては世界的にも第一人者とされる売れっ子音楽プロデューサー。耳に残りやすいサウンドとメロディーで数多くの新人を人気スターに導き、「スター製造機」「新人磨きのマイダスの手」とも言われている。

 SPA!では、「GirlsAward2016」の舞台を終え、笑顔で堂々とパフォーマンスを披露した彼女たちの今の心境を直撃した。

――いよいよ5月にデビューとなりますが、今の皆さんの心境を教えてください。

MIYU

MIYU

MIYU:今まで、韓国での過酷なレッスンやつらかった事や大変なことがあった分、こうしてやっとデビューでき、お客様の前でパフォーマンスできることがとても嬉しいです。まだスタート地点に立ったばかりですが、韓国で学んだことを活かして、日々成長できるように頑張ります。

SAYURI:韓国でたくさんつらいことを乗り越え、そしてずっと楽しみにしていたので、本当に嬉しいです!またここまで来れたのはメンバーをはじめ、たくさんの方の支えのおかげだと思うので、感謝の気持ちでいっぱいです。

NENE:ずっと夢だったことがやっと叶うということがまだ夢のように感じる、本当にこれからがワクワクです。と同時に、今まで乗り越えてきた苦労や涙が今に繋がってるんだなと思うと本当に頑張ってきてよかったと思います。

LENA

LENA

LENA:いろいろ沢山の事を考えました。今も悩んでますし、あ~これから本当に待ちに待ったデビューだとも考えたし、もっと頑張らないといけないとも思いますが、一方では本当に私が出来るか不安と心配なところもあります。でも皆さんの前で歌とダンスをするのが好きですので、これから皆様の期待に答えられるよう、一生懸命努力していきたいと思います!

HIKARU:今まで韓国で練習生として辛いレッスンやトレーニング、共同生活を経てきて、乗り越えてこれたこのメンバーでデビューができる事が決まり本当に嬉しく思っています。周りの環境、先生、支えてくださってる皆さんにとても感謝してます。これからたくさんの人に私達をみて頂けることも楽しみです。

次ページK-POPとJ-POPを横断したグループに

Mystery

K-POPとJ-POPを横断する本格派ダンスヴォーカルグループ始動

“結婚したいけど相手なし時代” 理想の相手と巡り会うための「見た目や中身以上に大切なこと」とは?

女性は1人目の相手でゴールインもあるんだって!
sponsored
 いずれは結婚しようと考える未婚者の割合が男性85.7%、女性89.3%と高水準だったにもかかわらず、異性の交際相手をもたない未婚者が男性69.8%、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中