ウェイトリフティングはカワイイ女子が集まる“女の園”だった件

~今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪 第25回~

※前回の話…スポーツ好きブロガーのフモフモ編集長が、東京五輪でチケットが買えそうな穴場競技探訪へと出かけました。今回のターゲットはウェイトリフティング。ほとんど情報がない中、埼玉県上尾でジュニアオリンピックが開催されることを突き止めて現地へ赴いたが、そこは予想を裏切る展開の連続。関係者のみの“観客ゼロ”かと思いきやほぼ満席に近い会場、さらにチカラ自慢対決だと思っていたウェイトリフティングが実はとても繊細な競技であることにフモフモ編集長は気付くのだった……。


「意外と細かいんですね」なんてことをキレイめの女子大生(※重量挙部/強そう)を狙って質問していくと、そのほかにも細かい点はいろいろあるとのこと。たとえばバーベルの握りでも、電車のつり革や傘を持つ一般人のやり方とは異なり、親指を握り込むようにしているとのこと。なるほど、4本指のほうがチカラが強いので、グリップが外れたり、親指側からすり抜けたりしないように4本のほうでガッチリとホールドするわけですね。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1089056

ウェイトリフティングはカワイイ女子が集まる“女の園”だった件

電車通勤にも活かせそうな、重量挙げオススメの棒の握り方

 さらに、バーベルを上げる際などには相撲でいう「そんきょ」の姿勢をすることが多く、その体勢で強く踏ん張れるように、靴のカカト部分だけを分厚くしたシークレットブーツみたいなのを履いているのだとか。半裸で毛むくじゃらのオッサンが、パンツ一丁でやっている競技だとばかり思っていましたが、実態はだいぶ違うようですね。言われてみれば半裸で毛むくじゃらのオッサンはひとりも出場してないですしね。

ウェイトリフティングはカワイイ女子が集まる“女の園”だった件

「こんな靴があったのか!?」と驚く、そんきょ専用ブーツ

 試技において事前のイメージと異なることが多かった中、そのほかの部分でもイメージとは異なる点は多数。まず驚いたのが女子選手の多さ。この日の会場では、男子の85キロ級・94キロ級、女子の58キロ級・63キロ級など複数の階級が行われていたのですが、男子のほうが10人くらいの出場であるのに対して、女子のほうは20人くらい出場しています。重量挙部の女子大生もたくさん会場におり、どちらかと言えば「女の園」といった感じ。

 三宅宏美さんあたりは、一族がウェイトリフティングをやっているものだから血の宿命で仕方なくウェイトリフティングやっているのかと思っていたものですが、意外にも女性に人気のスポーツという賑わいぶり。中学生女子とかがバンバン登場してきます。しかもカワイイ平均的にカワイイ。中学生~大学生だからってこともありますが、「最初からゴツいフィジカルエリート」タイプはあまりおらず、クラスにいそうな普通の少女たちが競技に取り組んでいるような雰囲気。有名選手の三宅宏美さんとか八木かなえさんが偶然カワイイのではなく、カワイイ女子がそもそもたくさん競技に取り組んでいるようです。

次ページ女子の53キロ級に登場した橋本薫さん


※フモフモ編集長の「今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪」第1回~の全バックナンバーはこちら

自由すぎるオリンピック観戦術

スポーツイベントがあるごとに、世間をアッと言わせるコラムを書き続ける、スポーツ観戦ブログ『フモフモコラム』の中のひとによるオリンピック観戦本

この特集の記事一覧

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中