“伝説の日本人ペア”JBエンジェルス――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第73回

JBエンジェルス

80年代のWWEで一世を風びした“伝説の日本人ペア”といえば山崎五紀&立野記代のJBエンジェルス。アメリカのファンはいまでもJumping Bomb Angelsの華麗なるムーブの数かずをはっきりと記憶にとどめているのだ(写真はWWEのメディア配布用オフィシャル・プレス・キットより)

 ヒデオ・イタミや中邑真輔、あるいはTAJIRIやフナキよりもはるかまえにWWEで一世を風びした日本人スーパースターは山崎五紀&立野記代のJBエンジェルスことジャンピング・ボム・エンジェルスである。

 全日本女子プロレス所属だったJBがアメリカへ長期ツアーに出発したのは1987年(昭和62年)6月。アメリカの大手ケーブルTV局ESPNで全女の試合映像が全米放映されたことがきっかけで、WWEサイドから試合出場のオファーが舞い込んだ。全女とWWEの仲介をつとめたのは“女帝”ファビュラス・ムーラだった。

 1985年(昭和60年)にクラッシュ・ギャルズ(長与千種&ライオネス飛鳥)と極悪同盟(ダンプ松本&ブル中野)がニューヨークのマディソン・スクウェア・ガーデン定期戦にゲスト出場したことがあったが、WWEは長期滞在型の日本人女子プロレスラーに長い黒髪、黒い瞳のオリエンタル的なビジュアルを求めた。

 WWEの全米ツアーに合流したJBは、1987年6月から8月までの6週間のスケジュールで全38試合という超過密日程を消化。グラマー・ガールズ(レイラニ・カイ&ジュディ・マーティン)との対戦がハウスショーの定番カードとして人気を集めた。

 全女スタイルのスピーディーな動き、技のレパートリーの豊富さ、ブリッジの体勢からそのまま起き上がってくる体操選手のような柔軟さ、その身体能力がそれまでアメリカの観客が女子プロレスに対して抱いていたイメージ――あるいは偏見――を完全に変えた。

次ページ2度めの遠征では…

この特集の記事一覧

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中