ウォリアーとスティングの“運命の糸”――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第80回

WWEオフィシャル・マガジン

ビンス・マクマホンが“3年後のメインイベンター”として獲得したアルティメット・ウォリアー。WWEのウォリアーとNWAのスティングは無名のルーキー時代、タッグチームとして活動。ふたりは不思議な“運命の糸”にあやつられていた――?(写真は「WWEオフィシャル・マガジン」表紙から)

 アルティメット・ウォリアーとスティングは奇妙な“運命の糸”にもてあそばれたタッグチームだった。ボディービルとフィットネスのメッカ、カリフォルニア州ベニスビーチの“ゴールド・ジム”にいたふたりの青年が、気がついたらプロレスラーに変身していた。

 ウォリアー(本名ジム・ヘルウィグ=のちにリーガル・ネームもウォリアーに改名)はカイロプラクター志望のボディービルダーで、スティング(本名スティーブ・ボーデン)は“ゴールド・ジム”で働くインストラクター。ある日、リック・バースマンという男がジムにやって来てふたりをプロレスに勧誘した。

 バースマンは現在、ロサンゼルスでインディー団体を主宰するプロモーターだが、当時は映画俳優のエージェントを名乗っていた。バースマンはプロレスラーの卵を発掘するビジネスをはじめようとしていた。“ゴールド・ジム”へ足を運べば、ハルク・ホーガンやロード・ウォリアーズのような体つきをした若者がいくらでもいた。

 “ゴールド・ジム”から選出された5人のボディービルダーたちが往年の名レスラー、レッドが師範をつとめる“バスチェン道場”に送り込まれ、そのなかからウォリアーとスティングだけが最後までトレーニング・セッションに残った。

次ページアメリカじゅうのプロモーターにポーズ写真と履歴書を郵送

この特集の記事一覧

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中