ビンスの予想を超えた“マッチョマン人気”――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第81回

WWEオフィシャル・マガジン

“マッチョマン”ランディ・サベージはWWE世界ヘビー級王者としてポスト“レッスルマニア4”路線の全米ツアーを開始。サベージ対テッド・デビアスのタイトルマッチ・シリーズは、全米各地で予想をはるかに上回る興行成績を記録した(写真は「WWEオフィシャル・マガジン」表紙から)

 ポスト“レッスルマニア4”の新シーズンは、WWE世界ヘビー級王者“マッチョマン”ランディ・サベージ対“ミリオンダラー・マン”テッド・デビアスの定番マッチ・シリーズで幕を開けた。

 WWEは1963年の団体発足から創立25周年を迎えていた。サベージは初代王者“ネイチャー・ボーイ”バディ・ロジャースから数えると11人めのチャンピオンということになる。

 ブルーノ・サンマルチノ、ペドロ・モラレス、ボブ・バックランド、そしてハルク・ホーガンまで四半世紀のWWE史を刻んできた歴代の名チャンピオンたちはつねに典型的なベビーフェースだった。

 サンマルチノ、モラレスらをチャンピオンの座からひきずり下ろしたイワン・コロフ、スタン・スタージャックらヒールのチャンピオンはいずれもワンポイント・リリーフで、これはビンス・マクマホンの父ビンス・マクマホン・シニアがつくったニューヨーク・ニューヨークのひとつの伝統だった。

 1977年にサンマルチノから王座を奪い、10カ月間にわたりベルトをキープした“スーパースター”ビリー・グラハムは、ヒールでありながらマディソン・スクウェア・ガーデン定期戦の主役を演じたただひとりの例外ということになる。

次ページ1984年1月、アイアン・シークを下しWWE世界王者となったホーガンは…

この特集の記事一覧

“結婚したいけど相手なし時代” 理想の相手と巡り会うための「見た目や中身以上に大切なこと」とは?

女性は1人目の相手でゴールインもあるんだって!
sponsored
 いずれは結婚しようと考える未婚者の割合が男性85.7%、女性89.3%と高水準だったにもかかわらず、異性の交際相手をもたない未婚者が男性69.8%、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中