ビンスの予想を超えた“マッチョマン人気”――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第81回

WWEオフィシャル・マガジン

“マッチョマン”ランディ・サベージはWWE世界ヘビー級王者としてポスト“レッスルマニア4”路線の全米ツアーを開始。サベージ対テッド・デビアスのタイトルマッチ・シリーズは、全米各地で予想をはるかに上回る興行成績を記録した(写真は「WWEオフィシャル・マガジン」表紙から)

 ポスト“レッスルマニア4”の新シーズンは、WWE世界ヘビー級王者“マッチョマン”ランディ・サベージ対“ミリオンダラー・マン”テッド・デビアスの定番マッチ・シリーズで幕を開けた。

 WWEは1963年の団体発足から創立25周年を迎えていた。サベージは初代王者“ネイチャー・ボーイ”バディ・ロジャースから数えると11人めのチャンピオンということになる。

 ブルーノ・サンマルチノ、ペドロ・モラレス、ボブ・バックランド、そしてハルク・ホーガンまで四半世紀のWWE史を刻んできた歴代の名チャンピオンたちはつねに典型的なベビーフェースだった。

 サンマルチノ、モラレスらをチャンピオンの座からひきずり下ろしたイワン・コロフ、スタン・スタージャックらヒールのチャンピオンはいずれもワンポイント・リリーフで、これはビンス・マクマホンの父ビンス・マクマホン・シニアがつくったニューヨーク・ニューヨークのひとつの伝統だった。

 1977年にサンマルチノから王座を奪い、10カ月間にわたりベルトをキープした“スーパースター”ビリー・グラハムは、ヒールでありながらマディソン・スクウェア・ガーデン定期戦の主役を演じたただひとりの例外ということになる。

次ページ1984年1月、アイアン・シークを下しWWE世界王者となったホーガンは…

この特集の記事一覧

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中