遺産相続でコロコロ発言を変える叔父に困ってます【無職・男性・36歳の悩み】

【佐藤優のインテリジェンス人生相談】
“外務省のラスプーチン“と呼ばれた諜報のプロが、その経験をもとに、読者の悩みに答える!

◆遺産相続でコロコロ発言を変える叔父に困ってます
ゲスの極み叔父(ペンネーム)・無職・男性・36歳


遺産相続でコロコロ発言を変える叔父に困ってます【無職・男性・36歳の悩み】 遺産相続についてとても心配です。祖母(母方)が亡くなり、私の母、母の姉、母の弟が相続することになりました。その母の弟が(私から見たら叔父)が厄介な人物なのです。

「俺がすべての財産を相続するから皆は放棄して」「姉2人で半分ずつで相続して良い。自分は放棄する」「やはり皆で3分の1ずつにしよう」と発言がコロコロ変わるので、何かを企んでいるのではないかと心配です。

 叔父が相続全般の指揮を執っているのですが、相続額はいくらなのかなど何も公開してくれません。このように頻繁に心変わりする人物に対してはどのように対応すればいいでしょうか?

◆佐藤優の回答

 私は、無職の人が親や親族の遺産をあてにするというスタイルを好みません。人間は誰であっても、心身の健康不調などの特別の事情を抱えている場合を除いて、自分で働いて、その収入で生活するのが筋と考えています。相続は、家族制度と表裏一体の関係にあります。

=================

 家族は、どのように子どもたちに価値を伝えるようになっていったのか。 かつて日本では、農業従事者が人口の八割を超えていた。子育ては共同体で行われていたという。飢饉などで子どもが多すぎるときには、取り上げババが、生まれた子どもの口をそっと濡れた布で塞いだ。それが人口調整となった。

 被支配階級である農民は移動を厳しく制限され、生涯をその土地で暮らし、家業、土地、財産を次世代につなげた。長子がイエを継ぎ、弟たちはときには兄の使用人として働き、一生結婚できないこともあった。性は一族の産業や土地、財産を次世代につなげていく装置でもあった。

 封建社会を大きく変化させたのが、明治維新だ。戸籍が作られ、家長を中心に「イエ」が作られる。人口の一割に満たなかった武士階級のイエ制度の一般化だったともいえる。(『家族幻想――「ひきこもり」から問う』40頁)。

=================

 つまり、財産を相続する以上何らかの貢献をイエに対してしなくてはならないというギブ・アンド・テイクのルールに従って相続がなされるのです。

次ページ遺産が1億円を超える場合には…

家族幻想――「ひきこもり」から問う

約70万人ともされる「ひきこもり」の閉ざされた空間で何が起きているのか? 「家族の絆」という神話に疑問を投げかけたノンフィクション。’16年刊

“結婚したいけど相手なし時代” 理想の相手と巡り会うための「見た目や中身以上に大切なこと」とは?

女性は1人目の相手でゴールインもあるんだって!
sponsored
 いずれは結婚しようと考える未婚者の割合が男性85.7%、女性89.3%と高水準だったにもかかわらず、異性の交際相手をもたない未婚者が男性69.8%、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中