誘う場所ひとつで女性とデートできるかが決まる!? 婚活アプリの達人に聞いた「新デートスポット」3選

 今や異性との出会いのツールとして確固たる地位を築いたといえる婚活アプリ。

 その浸透度は凄まじいもので、facebook を開けば婚活アプリの広告が目に入り、ふと電車や飲み会で女のコのスマホをのぞくと婚活アプリをやっていた、という話もあるほど。

 そんな恵まれた環境にもかかわらず、なかなかアプリを通して女性とデートができない男性も一定数存在する。デートできる男とできない男の差はどこにあるのか。

「誘う場所ひとつで女性とデートできるか否かが決まります」。そう語るのは婚活アプリ歴半年にして1ヶ月に10回以上のベッドインに成功している山本伸太郎氏(27歳・仮名・建築営業)だ。

 婚活アプリで誘った女性が付いて行きたくなるデート場所とは、一体どこなのだろうか。具体的に聞いてみた。

ライバルとの差別化を図れ


「まず婚活アプリを使ううえで把握しなくてはいけないことは、一人の女性に対してそれを狙っている男は10倍以上いるということです」(山本氏)

 山本氏曰く、その10倍以上いる男の中には、イケメンもいれば年収数千万クラスの金持ちもいる。そういう人種にそもそも真っ向から顔やら収入やらで勝負しても勝てるわけがないというのは言うまでもない。

「そこで、ぼくみたいな不細工で収入も人並みなサラリーマンはどこで差別化を図れるか。いろいろあるんですが、手っ取り早いのは次のデートスポットですね」

次ページオールマイティに使えるのはゲイバー

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中