ファッションを変えたいときは「トップスを買うな!まずはボトムスを買え」でおしゃれに見える

『日刊SPA!』で大好評連載を持つメンズファッションバイヤーのMBさんが、ついに『週刊SPA!』本誌でも4/12・19合併号より新連載をスタート! 20代前半の若者が、大学生から社会人に切り替わるこのタイミングで、子どもっぽいファッションから脱却し、大人っぽく見られるにはどうしたらいいのか。前回は、おしゃれ初心者が間違えがちなポイントとともに、「カジュアルとドレスの要素のバランスによっておしゃれに見せる」というロジックを語ってもらいました。後半では、スタイルに自信がなくても大丈夫! ファッションによって「体型を整える」テクニックを徹底指南してもらいます!

下半身を整えれば最速でファッションが変わる


――改めて、大人っぽく見られる服装にするためには何から手をつけたらいいんでしょう?

MB:下半身から整えましょう。パンツと靴だけちゃんとしていればそれなりに見えるので。私がよく言っている話なんですけど、大抵の人が服を買おうとすると上半身から買うんですよ。なんか印象変えたいなとか、新しい服買いたいな、大人っぽく見られたいな、と思ったら大体みんなジャケットとかブルゾンを買うんですけど、確かに羽織りものって顔の近くにあって視線が行くから印象は変えられます。でも下半身こそが印象を整える役割なんです。整えていない状態で印象だけを変えても、いくらやってもショップスタッフさんと全然着こなしが違うなーみたいな感じを繰り返しちゃうんですよね。で、どんどんお金だけ払っちゃって。そうじゃなくて、確かに印象は変わるんだけど、そこはぐっと我慢してパンツから変えると、タンスの中で埋もれているトップスとかが急によみがえったりするんですよ。

――上半身から買いがちというのは私もです(笑)。

MB:じゃあパンツと靴、下半身はどうやって整えたらいいのかというと、まずは足を長くみせましょう、大人っぽく見せたいんだったら体型をきれいに見せましょう、と。黒のパンツと黒靴が一番境界線がなくなるので黒のパンツと黒靴を選びましょう。じゃあの黒パンツは何にするかというと、スラックスでもいいんですけど、カジュアルでスラックスをはくっていうことに抵抗がある人もいると思うし、何より動きにくいというか快適なものではないので、じゃあデニムにしましょうと。黒の細みのデニム。靴はスニーカーでもいいし、革靴っていうとビジネスの革靴を連想する人が多いと思うんですけど、スリッポンだと楽だし、ひもがないからさっと履けちゃう。その2アイテムを買えば、あとは意外と上はパーカーとかネルシャツとかでも案外うまくいっちゃいます。

――下半身から整えていくんですね。

MB:普通の人のタンスの中を見ると、パンツがやたら少ないんですよね。なぜかトップスばっかりあって、「なんでこんなにパンツ買わないんだろう」って(笑)。パンツの方が大事です。

――そういえば、撮影の着替えの際も、MBさんは靴とパンツから替えていましたよね。

MB:靴とパンツから考えますね。たまにこのアウターを着たいから、って構築するときもありますけど。朝起きて何着ようかなっていうときはだいたいパンツから。そのほうが楽なんで。だから僕はあらゆる黒の細みのパンツと靴を持ってますよ(笑)。スウェット素材、ウール素材、デニム素材、チノ素材とか。ありとあらゆる黒の細みを持ってるとめっちゃ楽なんですよ。何も考えなくても勝手に合うんで。

――下半身のものから買うのって、ファッションの全体像をイメージしづらくて選び方が判らなかったのですが、とにかくまずは黒でいいということでしょうか?

靴とパンツから整えてYの体形に

靴とパンツから整えてYの体形に

MB:そうです、黒の細みを選んでおけば間違いないっていう。それもロジックがあって、体形がきれいに見えるのってA、Y、Iの3種類があって、「Aだと上が細くて下が太い」「Yだと上が太くて下が細い」「Iだとどっちも細い」。この3種類をみると判るんですけど、下が太いと上を細くするしかきれいにする方法はないんです。Aしかないので。でも下を細くすれば、上が細かろうが太かろうがYかIになるので外れがないんですよ。だから細みのパンツを持っておくと超簡単に体形が整います。なおかつ黒にしておくと、黒って収縮色で細く見える色なんで、YとかIの体型にさらにメリハリが出てくるので、よりきれいに見せられるんです。しかも黒ってスーツの色(ドレスの色)なんで大人っぽさも担保できるんで言うことなし。いままでの話がすべてクリアできます。

――なるほど。下さえ整えておけばなんでもいけるんですね。

MB:下さえ整ってれば、上はぶっちゃけタンスに埋もれているものを使ってもそれなりに見えます。

――下を黒の細みにしておけばA、Y、Iの中でYとIどっちにも対応できて汎用性が高い。大人っぽく見えない人は上半身から服を選びがちで、全体の体型を整えられていないからかっこよく見えないということなんですね。いままでのお話が線でつながりました。
いままでダサいダサいと言われてきたので、これから巻き返したいと思います。

MB:それでバッチリです(笑)。

次ページファッションが変われば最速で内面も変わる


⇒メンズファッションバイヤーMBさんの日刊SPA!連載はコチラ

週刊SPA!4/26号(4/19発売)

表紙の人/ 松岡茉優

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

最速でおしゃれに見せる方法

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中