被災地のボランティアでやってはいけないことは?――「熊本地震」の災害支援ボランティア募集が開始

 14日から続く「熊本地震」で20日現在、死者は48人、重軽傷者は1千人以上に。震度1以上の地震は610回を超え、熊本県を中心に12万5千人余りが避難している。被災地では、災害支援ボランティアの受け入れ態勢が整備されつつある。

東日本大震災

東日本大震災における災害派遣活動より(※陸上自衛隊HPから)

 熊本市社会福祉協議会は、被災者の復旧作業を支援するボランティアの募集を22日から始めると発表。被害の大きかった益城町でも21日からボランティアセンターを開設し、菊池市では19日に開設され、初日に約60人が登録したという。

 ボランティアの主な業務は、被災した住宅での家具の片付けや粗大ごみの運び出し、土砂の撤去など。汚れてもよい服、長靴、飲み物、弁当、タオル、帽子、マスク、軍手などを準備し、食事や宿泊先は各自で手配する。

 しかし、ボランティアは事前の準備がないまま参加すると、かえって救援活動の妨げとなり、迷惑をかけてしまうこともある。ボランティアとして被災地の復旧に貢献するにはどんな心構えが必要なのだろうか? 東日本大震災の発生以降、岩手県釜石市でボランティア活動を続ける男性に話を聞いた。

「今の熊本は急性期にあたり、ハード面での支援が多く行政規模で慌ただしく活動しているので、ボランティアとしてまずは“自己責任・自己完結”の基本姿勢が一番大切になってくるかと思います」

 ボランティアには現地での食事や宿泊場所が用意されないため、事前に確保しておく。食事の写真をTwitterに投稿した毎日放送のアナウンサーのアカウントが炎上し謝罪する事態となったように、食事などを自分で用意することは基本だ。

次ページ被災者のプライバシーに配慮

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中