快適にPC仕事ができる「大阪のビジネススポット」ベスト5。大阪城や動物園でもノマドワーク!?

 “スタバでMacBook”を筆頭とする、カフェでPCを開くビジネスパーソンを「ノマドワーカー」とスカして呼んだのも今は昔。今や移動中でも仕事ができてしまう環境に。気づけば24時間、仕事まみれ……そんな毎日を快適にやり過ごすためのビジネス空間とワザを探ってみた。

最強[ビジネススポット]WEST編


 大阪在住のノマドワーカーたちは最近、枠にとらわれないスタイルを確立させつつある。その背景には外国人観光客が激増した結果、市内各所でフリーWi‐Fiが一気に充実したからだ。某ECサイトの女性経営者(28)も実にユニークなワーキングスタイルだ。

「効率よく仕事できるかどうかが大切で、場所を選定するのはその日の気分だけ。晴れた日は大阪城にある西の丸庭園の芝生で寝転がりながらPCを触ってます」

OsakaFreeWi-Fi 同庭園や大阪城南駐車場はフリーWi‐Fiエリアで、ノマドにとってもいまだ穴場スポットとか。

「ラウンドワンにもフリーWi‐Fiが飛んでいて、千日前店の地下1階には無料電源まである。主にスマホ用の電源なんですが、PCからメールの送受信ぐらいできますよ(笑)」(商社・24歳)

 実に自由奔放なのだ。

<大阪のビジネススポット・ベスト5>

【1位:BROOKLYN ROASTING COMPANY KITAHAMA】

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1097139

BROOKLYN ROASTING COMPANY KITAHAMA●1時間のコスト:ドリップコーヒー350円
●電源の有無:あり
●Wi-Fiの有無:あり
●深夜の稼働率:深夜営業なし

 外国人客も多い異国情緒溢れるカフェ。英会話が達者なノマドたち御用達でもある。テラス席から一望する景色が素晴らしく、中川を挟んだ対面にはレトロな大阪市中央公会堂が見える。

次ページ2位、3位

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中