お金を貸したいのはどっちの男?――連続投資小説「おかねのかみさま」

みなさまこんにゃちは大川です。

連続投資小説『おかねのかみさま』31回めです。

日本の明るい未来のために書いてます。

※⇒前回「学長と呼ばれる男」

〈登場人物紹介〉
健太(健) 平凡な大学生。神様に師事しながら世界の仕組みを学んでいる
神様(神) お金の世界の法則と矛盾に精通。B級グルメへの造詣も深い
死神(死) 浮き沈みの激しくなった人間のそばに現れる。謙虚かつ無邪気
美琴(美) 普通の幸せに憧れるAラン女子大生。死神の出現に不安を募らせる
村田(村) 健太が師と崇めるノウサギ経済大学の先輩。元出版社勤務
ママ(マ) 蒲田のスナック「座礁」のママ。直球な物言いが信条
学長(学) 名前の由来は「学長になってもおかしくない歳のオッサン」の略

〈第31回 イカナゴ〉
「ねぇ、そういえば聞いたことなかったけど、そのとき手柄を横取りされた 論文ってどんな内容だったの?」

「信用情報の可視化による個人間金銭貸借ネットワークについて(2004)だ」

「さっぱりわかりません」

「お前さてはポンコツのタマゴだな。どこの学校だ?」

「…一緒だっつの」

「あ…」

「の、ノウサギ経済大学です…」

「なんかごめんな。ワシがもっとしっかりしてたら、お前をもう少しポンコツ感のない好青年くらいにしてやれたかもしれないのに…」

「ちっとも救われません」

「ま、ワシの論文もちょっと早すぎたんだろな。今になってやっとなんとなく実現できそうな世の中になってきた」

「簡単にいうとどういう論文だったの?」

「んー、遠くに住んでる知らない人に、15分だけ100円を貸して、105円にして戻してもらうことができる仕組みだ」

「なにそれ。ちっとも儲からないじゃない」

「ちがうんだな。自分が貸す100円もどっかから借りてきて、103円とかにして返すんだ。そうすると15分で2円儲かるだろ。お前らがいかにポンコツでも引き算くらいはできるよな」

「でもさ、自分が3円の利息だけで誰かから100円を借りられるんだったら、ほかの人も105円のとこ選ばないでその人から借りたらいいんじゃない?」

「ほう、ママだけはちょっと賢いな。それこそがこのシステムのポイントだ」

「そうなの。あたし本質は突くの。そっから先はよくわかんないけど」

「まぁいい。例えばだな、ここにいるポンコツ先輩とポンコツJr.いるだろ。ママだったらどっちにお金貸したい?」

「えーーーーーーーーー、どっちもどっちなんじゃないの」

「それもそうだ。じゃあ質問を変えよう。こっちの大きなポンコツと、この頼りないポンコツ。どちらかに必ず1万円貸さなくてはいけないとしたら、どうする?」

「うーんそうねぇ。健太くんには悪いけど、なんだかんだ言ってむらちゃん常連だし、むらちゃんかなぁ」

「よろしい。じゃあつぎ、健太に貸したら1ヶ月で1万円が2万円になってかえってくる。だけどポンコツむらちゃんに貸したら1万円は1万円のまま。さぁどうする?」

「やだーーーー!決めれないわよ。常連さん大事にしないとヘソ曲げられちゃったらもう来てくれなくなるかもしれないし、なんだかんだ言ってあたしむらちゃんタイプだってのもあるし、申し訳ないけど健太くんがちゃんと返してくれるかどうかまだよくわかんないもの」

「やっぱりわかってるなママ。男の価値は信頼で決まるんだ。わかったか健太」

「勉強になります」

次ページじゃあ1ヶ月貸して3万円だったら…

20_nikkan
逆境エブリデイ

総移動距離96,000キロメートル! 大川弘一がフルスピードで駆け抜けた400日間全記録

この特集の記事一覧

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中