リアルな「カイジの世界」を味わえるカジノイベント。限定ジャンケン、Eカードにゾクゾクッ

「限定ジャンケン」「Eカード」。これらのワードにゾクゾクッときたあなたは、かなりの「カイジ通」なはず。原作を知る者なら震えない者はいない、その限定ジャンケン(およびEカード)を実際に体感できるイベントが、日本屈指の歓楽街、歌舞伎町にて開催されている――。

リアルなカイジの世界を味わえるカジノイベントに行ってみた

新宿界隈を走っていたラッピングトラックで、同イベントを知った記者

 それを知った「カイジ大好き」な記者は、同じくカイジフリークなライターS氏を誘い、一も二もなく、エスポワール号への乗船(つまりイベントへの参加)を決めた。

 というわけで、4月17日の日曜日。19時からの第二部に申し込んだ我々が向かったのは、今回のイベントの舞台となる歌舞伎町のアミューズメントカジノ『ジクー』。さすがに船ではなかったものの、欲望の街、歌舞伎町は、我々をカイジの世界に感情移入させるには絶好のロケーションだ。

「黒服、全員サングラスかけててほしいよねー。そこはきっちり再現してくれないとね」

「だよね。てか限定ジャンケンに負けたら、別室に連れていかれるのかなー?」

 原作を知らないと意味がわからない、そんな会話を交わしながら会場へと向かう我々だが、記者もSも40代前半。いい大人ふたりがどこまで本気で楽しめるかは、ひとえに自遊空間が、どこまでカイジの世界観を再現してくれるかにかかっていたが……そんな若干の杞憂は、ドアを空けた瞬間に見事に裏切られた。

 受付に立っていた黒服のスタッフがサングラスをかけていたばかりか、会場にいる黒服も全員サングラスなのだ。おおー、これは期待できるかも! まして会場は本来、アミューズメントカジノだけあって、ルーレット台やらバカラの台が居並び、雰囲気もたっぷり。限定ジャンケンやEカードの舞台として、違和感のない空間なのだ。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1098140

リアルなカイジの世界を味わえるカジノイベントに行ってみた

スタッフも全員、原作に忠実な黒服にサングラス

 そんな中、ホールマスターによる「限定ジャンケン」の説明があり、制限時間25分という区切られた時間の中で、限定ジャンケンがスタート。簡単に説明すると、参加者はグー、チョキ、パーのカード3枚ずつとコイン(原作では星のバッジ)を3枚渡され、この9枚のカードを使ったジャンケンで相手と対決。それを繰り返し、制限時間内にすべてのカードを使い切り、かつコインを3つ以上残した者だけが勝ち残りとなるルール。

リアルなカイジの世界を味わえるカジノイベントに行ってみた

原作ではグー、チョキ、パー4枚ずつだが、時間の関係もあってか3枚ずつ

 場内には勝負の気分を煽るBGMが流れ出し、各々相手を見つけた参加者は、黒服が見守る前でジャンケン勝負を開始。すごいリアル! 様子見で参加者同士の勝負を見守っていると、女子に「やりませんか?」と声をかけられたので、受けて立つことに。

 黒服の「チェック」の声でそれぞれカードを置き、「オープン」でめくると、チョキであいこ。続いてグーを出した記者に対して、あちらはパー! あ……。

「やったー!」と喜ぶ相手の女子。あっさりコイン1枚失ってしまった(汗)。ここからの連敗は致命傷なので、しばらく場内を見て回るうちに、どんどん時間が過ぎていき、脱落者も出始める。脱落者は同店のステッカーを強制的に服に貼られ、美味しいとは言い難い特製ドリンクを一気飲みさせられるという罰ゲーム。別室にこそ連れていかれないが、やはり負けるのは絶対に嫌だ。

次ページ残り時間は10分。ヤバい!

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中