プリンスの急死に世界が号泣。どこがそんなに凄いのか?

 去る4月21日(現地時間)、57歳の若さで急逝したプリンス。アメリカCNNは、速報から番組編成を変更して対応。マイケル・ジャクソン以来の、衝撃的な死だった。

プリンス

『Controversy』(1994)

 誰もが認める天才アーティストだった故人に、ポール・マッカートニーやミック・ジャガーといった多くの大物ミュージシャンが哀悼の意を表明した。とりわけ、顔を小刻みに振るわせて涙をこらえるスティーヴィー・ワンダーの姿は、あまりにも痛々しかった。

驚くほどシンプルな音楽の構造


 とはいえ、よほどの音楽好きでなければ、“一体プリンスのどこがすごいのか”は分かりにくいはず。「ロック、R&B、ソウル、ファンクを融合した」とか、「あらゆる楽器を操り、作詞、作曲からプロデュースまでを手掛けるマルチな才能」とかいった言い回しで、何となく納得させられてしまっているのが現状だろう。

 もちろん、そうした表現が示すように、プリンスの音楽にはおびただしい数の情報が詰まっている。アメリカのロック評論家・グリール・マーカスは、それを「記号の迷路」と称した。

 けれども、一方で楽曲そのものに目を向けると、基礎構造は驚くほどシンプルだと気づく。言葉とメロディを組み合わせるソングライティングの第一段階において、余分な細工がほとんど見当たらないのだ。

 というわけで、“迷路”の影に隠れがちなレス・イズ・モアの魅力あふれる楽曲を、いくつか紹介していきたい。

1.「The Most Beautiful Girl In The World」
一つのメロディが繰り返される

http://youtu.be/KmqSi7lulMM

 95年のアルバム『The Gold Experience』から。プリンス史上、最も軽やかでかわいらしいポップソングだが、聴けば歌い出しから終わりまで、一つのメロディが繰り返されているだけだと分かる。

 音符にしてしまえば、AメロもBメロもサビもブリッジも変わりはない。にもかかわらず、そこには紛れもなく展開がある。聴き手に場面が変わったことを告げる仕掛けがある。

 その役割を果たすのが、フィリーソウルの名曲「La La Means I Love You」を倍速にしたようなイントロと、<Could U be the most beautiful girl in the world?>から始まるコーラス部でのみ添えられるハーモニーだ。

2.「When Doves Cry」
わずかな音数のメロディー

http://youtu.be/pYVOrzv61Yg

 「ビートに抱かれて」の邦題でもおなじみ、84年の大ヒット。

 この曲について興味深い分析をしているのが、トッド・ラングレン。

 バックトラックを作り上げた後ヴォーカルパートに取り掛かり、そこからメロディの幅を広げていくのが自分のスタイルだと語っているのだが、その反対の例として挙げたのが「When Doves Cry」だった。

<あの曲のすべてのメロディーを形成するのは、わずか二つの音(笑)>(『インスピレーション』 ポール・ゾロ 著 丸山京子 訳)。

 まさに、“たーこ たーこ あーがーれ てーんまーで あーがーれ”(「たこ たこ あがれ」)の境地だ。

次ページ種明かしをしないまま逝ったプリンス

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中