「最初にもらったボーナス3万!」社会人ラップ選手権はぶっちゃけすぎるイベントだった

 4月23日(土)に東京・渋谷にあるクラブ・Dimensionで『社会人ラップ選手権』が開催された。

「最初にもらったボーナス3万!」社会人ラップ選手権はぶっちゃけすぎるイベントだった

社会人ラップ選手権HPより

 これはその名の通り、会社員・自営業など社会人限定で行われるトーナメント方式のMCバトル大会。業界、役職の垣根を超えて、今置かれている現状に言いたいことがある者たちがビートに乗せて熱きラップを相手にぶつけあう。

 審査は、元サラリーマンラッパーのDOTAMA氏、AKB48の元メンバーでタレントの平嶋夏海、そして一般人枠から大手広告代理店に勤めるクリエイターの3人が担当。

 近年『フリースタイルダンジョン』(テレビ朝日系)など、MCバトルが盛り上がりを見せているが、本イベントではそれを裏付けるように開演前から会場は満員。今回は熱狂に終わったその一夜の模様をレポートしたい。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1098861

人事vsフリーター


「最初にもらったボーナス3万!」社会人ラップ選手権はぶっちゃけすぎるイベントだった 18時から始まった大会は、午前中から行われていた予選を通過した16人による勝ち上がり方式で進んでいく。第1試合では、ネットリサーチ会社に勤務するTODAY横山と歯科医師のCOYASSが対戦。互いに名刺を交換し、いざバトルがスタート。

「Put ya hands up、Put ya hands up(手を挙げろ)」とテンション高く会場を盛り上げようとするTODAY横山に対し、仕事着でもある白衣で登場したCOYASSは「Put ya hands up?ふざけんな」「お前は将来インプラント でもその前に俺は韻踏まんと」と確実にアンサーを返していき、審査員満場一致でCOYASSが勝利。

 続く試合では、ソフトウェア開発会社で人事をつとめるPennyと、フリータ―の腐ってもみかんが対決。フリーターのため名刺を持たない腐ってもみかんは、レシートで作ったという手作りの名刺を持参。集まっていた会場の客にもばら撒き「仕事をください」とアピールしていた。

 バトルでは、先攻から「今日は採用されるぐらいの気持ちでオレの経験を全てぶつけていく」とグイグイ攻める腐ってもみかんに対し、「それよりもまず言っとく 名刺はばら撒くもんじゃない 社会人として大事なもんだ」「お引き取り願います」とPennyが冷静に人事ならではのアンサーを返していき勝利。これには審査員の広告代理店社員も「とんだ圧迫面接でしたね」とコメントし会場を沸かせていた。

 一回戦ではこの他にも様々な職業の社会人が登場。大会の紅一点、編集者のMCキャンサーは「恨みが溜まっている」と、自己紹介から会社への不満を愚痴り、バトルでも「最初にもらったボーナス3万」と、中小出版社のリアルな現状を暴露。

 また、東京大学を出た官僚、静岡からこの日のために上京してきた地方公務員など、それぞれが業界内に存在する“あるある”なラップを披露。これには審査委員長のDOTAMAも「みんなレベルが高い」と関心するほどだった。

次ページ“ゲスラップ”で会場沸く

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中