外国人観光客は「嫌?」「受け入れる?」――日本人も昔は海外で同じことをしていたという歴史

週刊SPA!連載「ドン・キホーテのピアス」<文/鴻上尚史> ―

 がしがしと『イントレランスの祭』の公演を続けています。4月29日~5月6日は「よみうり大手町ホール」でやります。チケット、ありますのでググってみて下さい。

 制作が大阪公演(4月22日と24日に終了)に向けて準備している時に「ひぇー! ホテルがないっ!」と叫びました。大阪、ホテルが慢性的に不足しているようです。USJ(大阪的には、ユニバですな。なぜ、大阪人はマクドとか三文字に略するのでしょうか)の大ヒットと、外国人観光客の激増によって、大阪ホテル戦争が勃発しているわけです。

 東京もそうですが、街を歩いていて、本当に「外国人観光客」が増えました。気がつくと、交差点で周りがすべて中国人なんてことも普通になってきました。

外国人観光客

※写真はイメージです

 で、一部で「外人ばかりでなんだか嫌」なんてことを言ったり、書いたりする人か出てくるわけです。

 以前、新宿のラーメン屋さんのカウンターに座っていると、中国人のグループ客が4人ほど入ってきました。一人、女性がティッシュで鼻をかんで、そのテッシュをそのまま、カウンターの上の箸置きの横に置いたことがありました。床に捨てるわけでも、ゴミ箱を探すわけでもなく、当然のようにカウンターの上に放置したのです。さすがに驚きました。当然のように、その女性はラーメンを食べて、ティッシュを残したまま、店を出て行きました。

 なんだかなあと思いながら、しかし、ヨーロッパで四十年位前は、日本人が同じことをしていたんじゃないかなあと、考えてしまうのです。

 今から三十年位前、僕が初めて海外旅行に一人で行った時は、欧米で出会うアジア人はもっぱら日本人でした。団体さんにもよく会いました。

 海外で同胞に会うと、なんだか、海外の貴重さ(?)が消えるような気がして、つい、距離を取りました。日本人でいっぱいのお店にはなるべく入らないようにしました。

次ページ日本人も昔は同じことをしていた

この世界はあなたが思うよりはるかに広い

炎上したコラム『「ただしイケメンに限る」という嘘』は、本書48頁に収録。ほか、「枕営業と色っぽさ」など、世相や文化だけでなく、恋愛話も充実の一冊!

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中