リオ五輪で心配される水質汚染、ウインドサーフィン代表・伊勢田愛の決意「チンしても平気!」

伊勢田愛

リオ五輪でセーリングRSX級の代表選手になった伊勢田愛

 南米初のリオデジャネイロ五輪開幕まで、3か月余り。しかし、ブラジルはいま経済の悪化と不安定な政治状況の影響で大規模なデモが多発するなど、五輪どころではないとの声も聞こえてくる。

 水質汚染が深刻な問題となっているグアナバラ湾。セーリングは生活排水や粗大ゴミで汚れるこの湾を舞台にレースが行なわれる。その女子RSX級(ウインドサーフィン)で初の五輪出場を決めたのが伊勢田愛選手(28歳・福井県体育協会所属・レイクスサポートアスリート)だ。

「リオでは、まず最終日の上位10人しか出られないメダルレースに出るのが目標。夢のメダルまで行けたら言うことないですね」

 自身初の五輪に向けて、そう抱負を語る伊勢田選手。だが、実は昨年10月の大会で日本人トップで代表に内定したときは本命視された選手ではなかった。

「他に強化選手が2人いたのに、自費参加の私がまさかの大逆転! 勝ったときは周囲も私もえっ? って微妙な空気になりました(笑)」

 もちろん、グアナバラ湾の水質汚染問題は当事者である伊勢田選手にとって懸案事項だ。ウインドサーフィンはレース中に、バランスを崩し、転覆することもあるからだ。それでも彼女は暗い話題を振る記者の不安を吹き飛ばす。

「昨年リオに行った際に、ハーバーはちょっと臭いなと思いました。ゴミが溜まっていて、水は茶色で濁っていて、今まで経験したなかで一番汚いかもしれない」

次ページ実はプレ大会で1度落ちて「うわ~っ」

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中