“レッスルマニア5”ホーガンVSサベージ――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第89回

レッスルマニ5

“レッスルマニア5”は興行収益、PPV契約世帯数ともに記録ずくめのスーパーイ ベントだった。(写真は「レッスルマニ5」オフィシャル・ポスターより)

 “レッスルマニア5”(1989年4月2日=ニュージャージー州アトランティックシティー、トランプ・プラザ)は記録ずくめのスーパーイベントだった。

 ライブの興行収益がインドア・スポーツの新記録(当時)となる162万8000ドル(観衆1万8946人)という数字をはじき出した。ペイ・パー・ビュー契約世帯数が65万世帯を突破し、これもPPV放映の新記録となった。

 PPV有料受信のためのチューナーを設置した一般家庭の総世帯数がアメリカとカナダの合計で約1100万世帯だった時代の65万世帯――総世帯数の約6パーセントが購入――だから、このイベントへの関心度は予想以上に高かった。

 トランプ・プラザのオーナーである“起業王”ドナルド・トランプは、“レッスルマニア”誘致のために180万ドルのアドバンス契約料をWWEに支払った。カジノの街、アトランティックシティーは“レッスルマニア”前後1週間の経済効果を約1億ドルと算出していた。

 全編3時間半の興行には全14試合がラインナップされ、合計50選手が出場。セレブレティー・ゲストでは、大物ラップ・グループのランDMCが新曲“レッスルマニア”を披露し、トーク・ショー“モートン・ダウニー・ショー”の司会者モートン・ダウニーJrがライブ版の“パイパーズ・ピット”でロディ・パイパーと舌戦を演じた。

次ページ出場メンバーの顔ぶれと試合結果

この特集の記事一覧

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中