大食いチャレンジ「素人に優しい&厳しい店」TOP3

「制限時間内に食べればタダ」「食べきったら賞金を贈呈」など、チャレンジメニューを設ける店は全国にある。山のように盛られたメシを目の前にしたら、一度は挑んでみたくなるのが男の性というもの。最新情報を探った!

大食いチャレンジは格好の「大人の遊び」


MAX鈴木

MAX鈴木氏

「大食いチャレンジに挑戦するなら、まずは『自分がどれだけ食べられるのか』を知ることが肝心」

 そう話すのは、’14年に放送された『元祖!大食い王座決定戦新絶対王者襲名戦』(テレビ東京)で完全優勝を飾った、大食い界の“新絶対王者”MAX鈴木氏だ。都内だけでもチャレンジメニューのある店は数十軒あるそうだが「やっぱりラーメン二郎の『野菜マシマシ』くらいは食べられないと、どのお店でも厳しい」と分析する。

「とはいえ、チャレンジメニューの種類や制限時間によって状況は変わります。最近はメニューの種類も豊富だし、チェーン店がキャンペーンとして、限定でチャレンジメニューを提供することもあるので、選択肢は豊富にあります」

 ラーメンや餃子、カレー、肉料理からスイーツまでさまざまなチャレンジメニューがあるなかで、素人がまず挑むなら「つけ麺」はお薦めだという。

「なぜならスープを吸っていないぶん、ラーメンより食べやすいからです。池袋の『七人の侍』というお店は、麺の量を徐々に増やすことができて、それによって“段位”が貰えるお店です。まずはそこで限界量を測るのもいいでしょう」

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1105701

「麺場 七人の侍」つけ麺特大盛り

「麺場 七人の侍」つけ麺特大盛り

 一方で、肉料理のお店は総じてハードルが高いという。

「ハンバーグはまだ咀嚼しやすいのですが、ステーキは食べ続けると顎の疲労が蓄積するし、そもそもお肉を切る作業があるぶん、タイムロスになります。あとは、成功報酬で『賞金が出る』というお店もハードルが高い傾向がありますね。高田馬場の『表裏』というラーメン屋のチャレンジメニューは成功賞金5万円で最高ランクなのですが、そのぶんとんでもない量なので、フードファイターでも失敗するような条件ですよ」

 では、いざ挑戦する際にはどういった心構えで臨むべきか。

「『なにがなんでも食わなければ』と変に力むのではなく『好きな物を楽しんで食べてみよう』くらいのスタンスで挑んだほうが成功率は上がると思います。あとはお店に迷惑をかけないことも大切。なかには学生さんとかのために赤字覚悟で出している店もあるので、単にお金目的じゃなく、“大人の遊び”として楽しんでください」

次ページ素人に優しい TOP3

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中