東京五輪のエンブレム決定で不安になる2020年、その後の日本【コラム二スト木村和久】

― 木村和久の「オヤ充のススメ」その116 ―

東京五輪のエンブレム決定で不安になる2020年後の日本【コラム二スト木村和久】

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会HPより

 東京オリンピックのエンブレムが決定し、関係者はひと安心していることでしょう。文句の宝石箱、森元首相も、今回は何も言ってない。当然いうわけがないですよ。だって今回は、公明正大なクリーンな方法で選んだのだから、文句を言ってはいけないのです。

 前回は佐野さんの大活躍で、作品よりも選考法に問題がある方向になりました。じゃ、まず完ぺきな選考システムを構築し、何を選んでも、誰も文句を言わないようにしようと考えた。これって実に官僚的ですね。だからエンブレムが何に決まっても良かったのです。だって、誰も文句を言えないのだから。

 けど個人的な見解を言わせてもらえれば、あのエンブレムはないんじゃないのと思う。本当にがっかりした。薄いグレーだか、青だか知らないが、一色のみの花みたいなデザインって、まるで葬式ですよ。なんでそうなるか?もっといいのがあると思うんですが。

 経緯としては、4作品が最終ノミネートに選ばれた。一番左端に置かれたのが今回の市松模様の決定デザインだ。これは個人的には50点。ほか「風神雷神」「人の輪」「あさがお」が並んでおり、これらはそれぞれ75点ぐらいか。だからカラフルな3点で選べばいいと思ってたら、まさかの左端って、ありえないんですけど。

 素人のくせに何を言ってるのと、思う人もいるが、あえて言わせてもらえれば、素人すら納得しないエンブレムは問題大ありだ。

 決定したエンブレムのデザインだけを見れば、評価は凄く高いと思う。でもオリンピックのエンブレムは、世界60億人に向けてのメッセージだから、通好みの秀逸デザインなんて、大して価値はない。

 まず最悪なのが、何を現しているのか、全く分からないこと。「日本伝統の市松模様で、人の輪みたいな、うんたらかんたら~」といわれて、ようやく、そうものかと分かる次第。この段階で本当は0点を与えたいくらいだ。

 そもそも「オリンピックのエンブレムに説明は不要である」。

 見た目120%で勝負するしかない。多種多様の民族と言語とイデオロギーが渦巻く宇宙船地球号(この言い方古いね)の乗組員に、いちいち説明してどうする。見た目が「お~ワンダフル~」それでオーケーの世界でしょ。

次ページ逆張りで単色にしたと思うけど…

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中