キャラが強烈な中国の“おかん”たち――息子からの感謝のメールにも「麻雀の邪魔しないで!」と返信

 もうすぐ母の日。

 たまにはお母さんに連絡してみようかなと思っている人も多いだろう。

 でも感謝の気持ちを素直に伝えるのは照れくさいもの。

おかんメール お隣、中国の若者たちはてらいもなく「ママ愛してるよ~」とメールしているようなのだが、それに対する中国おかんの返しが予想外!

 一例を見てみると……。

息子「お母さん、愛してるよ」(老妈我爱你)
母「いくらほしいの」(要多少钱)
息子「お母さん、愛してるって!」(老妈我爱你!)
母「昼間から酔っぱらってるの?」大白天就醉了?
息子「愛してるってば」(老妈我爱你)
母「麻雀の邪魔しないで!」(滚,不要影响到我打麻将!)

 もう一つ。

息子「親愛なる母上、すっごく愛してますよー」(亲爱的母后~我好爱好爱你~)

自動返信「送り先の彼女(彼)とはまだ友達になっていません。友達申請を相手が受け入れたらメッセージを送れます」(你还不是他(她)的好友,请先发送好友验证请求,对方验证通过后,才能聊)

息子「なんで俺、友達リストから削除されたの……」(怎么还删我)

おかんメール これらのやりとりは、お母さんからきた面白メール集『おかんメール5』に掲載されているもの。

おかんメール』とは、「いま小学校、占拠してるからあんたも来なさい!」(選挙の間違い)、「紫外線通信ってどうやるん?」(赤外線通信の間違い)というような、お母さんからきた変換ミス・タイプミスの面白いメールを集めた書籍。2014年の母の日に第一弾が発売され、シリーズで40万部突破というベストセラーとなった。

おかんメール

おかんメール5

おかんメール4』から海外のおかんメールを紹介するコーナーが登場し、『おかんメール4』ではアメリカの、『おかんメール5』では中国のおかんメールを紹介している。

 アメリカのおかんメールは、「スペースの出し方が分からない」とか、間違ったスラングを使ってしまう、質問と全く違う返事をするなど、日本おかんメールを彷彿とさせるほのぼのメール。

 中国のおかんは、上に紹介した他にも……。

娘「子どもが生まれてお金がかかるしプレッシャーで大変」
母「だったら売っちゃう?」

 人身売買が問題になっている中国では洒落にならないというか、ブラックユーモアなのか……。たわいない親子のやりとりから、なんとなく国民性が透けて見えるかのようだ。

次ページ日本のおかんも絶好調

おかんメール5

世界中のおかんと子どもたちに、愛と笑いと幸あれ!

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中