Facebookで絡んでくる老人世代がウザい

「ホント、勘弁してほしい……」

 と、呆れ顔で溜め息をつくのは、21歳のケイコさんだ。ケイコさんの溜め息のワケは、ケイコさんが通う大学のゼミの担当教授だ。

「先生は今、60代なんですが、何から何まで絡んでこようとして、学生はみんな『うっとうしいわ!』って思ってます。特に酷いのがFacebookで、Facebookは何か書き込むとものすごい速さで『いいね!』が押されて、コメントが付きます」

Facebookの老害に若者はウンザリ

※写真はイメージです

 そのコメントがかなり厄介だという。

「とにかく上から目線。春休みに沖縄にみんなで行って、そのことを書き込んだんだら『ひめゆりの塔には行かなかったの? 君たちは沖縄の本当の姿を見ていない』とか、国際通りでごはん食べてる写真には『国際通りは観光客向けだから、本当の沖縄料理を食べさせてくれるお店はないよ。僕の知ってるお店紹介するよ』って。こっちは観光客だからいいの!って」

 終始この調子で、Facebookのコメントは学生たちの間ではネタになっているという。

「また書き込んできたね、ウザッ!とかみんなでネタにしていたのですが……」

 センセイの暴走は、こんなものではなかったのだ。

「教授のFacebookをある日、何気なく見たらあたしたちのことがものすごく書き込まれているんです。どこで知ったのか、あたしと元彼が別れたことまで書き込まれてて、ショックでした」

 なんとセンセイ、ご自身のFacebookに学生たちの話をかなり詳細に書き込んでいたのである。

「個人名こそ書かれてなかったんですが、成績から授業態度まで事細かに書かれていて、あたしの別れ話に至っては『若いうちにはいろいろな経験を積んでほしい。別れは辛いけど、この経験を生かしてほしい』って。もう、おまえ何様だよ!って思いますよ。しかも、こういう書き込みに『いいね!』を押して、偉そうにコメント付けてる“友達”もムカつきます。みんな50代とか60代で、こういうジジイやババアはまとめて消えちゃえばいいのにって思います」

 かなりご立腹のケイコさん。記者もそのセンセイのFacebookを見せてもらったのだが、かなり強烈であった。成績から、私生活、生徒の家庭事情に至ることまで全て「全員に公開」で書かれていたのである。

 だが、それでも学生たちはセンセイをブロックしたり、非表示にしないでいるという。そのワケとは……。

「ムカツクけど、今はネタにしてます。ゼミのみんなと飲みに行った写真をアップするとすぐに『学生たちは飲みに行ったようだ。私はあまりこういうことは得意ではないのだが……』って、飲みに誘われたい空気がプンプンすることを書き込むんです。その書き込みにゼミ生がみんなで『いいね!』するんです」

 学生たちの密かな攻撃に、センセイは耐えることができるのだろうか……。

※次回は、思想のおしつけ、ストーカー、マウンティング系と被害報告を分類化した「Facebook老害事件簿」をリポート!

nextpage〈取材・文/SPA!老害問題取材班〉

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中