憧れの“湘南暮らし”で感じた不便なポイント――終バスが早い、飲食店が少ない、道路渋滞が多い…

 神奈川県相模湾沿岸に広がる湘南エリア。風光明媚な景色と、都心へのアクセスが良いこともあり、近年その人気がぐんぐんと上昇中だ。

 2015年の「主婦が住みたい街ランキング」では、湘南エリアの中心部・藤沢が1位に輝くなど、そのブランドに惹かれ引っ越して来る人は後を絶たない。

 他にも小洒落たカフェや続々と出来る商業施設など、発展を遂げているように見える湘南だが、あくまでそれは一面にすぎない。どのエリアにも光と影は存在するもので、住んでみた結果見えてくる不満もある。

 湘南エリアの不便なポイントを住民たちの声とともに紹介しよう。

終バスは10時55分!飲み会は即切り上げなければならない


 湘南エリアに住みながら、都心まで通勤しているという人は少なくない。そこでの悩みどころは「終電」と言いたいところだが、東海道線などは東京駅発の電車が深夜0時前まで動いているため比較的困ることはない。それに代わって浮き上がってくる問題が「終バス」だ。

 都心とは違い、湘南エリアの駅間距離は長いため、歩いて帰るにはかなりハード。そのためバスを利用する人たちが主なのだが、藤沢・大船などのターミナル駅でさえも最終は23時前と早い。たとえば、大船駅発のある路線の終バスは22時55分。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1108210

大船駅のバス時刻表。なんと終バスは10時55分!東京駅を一時間前に出ないと間に合わない

 バスの時刻を考慮すれば、都心で会社の飲み会に参加した場合、22時には電車に乗っていなければならない。そのため、“サクッと飲んで帰る”ことが当たり前になってしまうのが辛いところだ。

 むろん、なかにはこのような状況を「ダラダラ飲まずに済む」「終バスを理由に帰れる」とメリットと捉える者もいるかもしれない。だが、万が一終バスを逃してしまうと、そこには悲劇が待っているのは言うまでもない。

次ページ「オシャレ湘南」は域内面積の1%未満。実態は外食難民だらけ

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中