“けん玉”がここまでスタイリッシュに!? 世界が驚愕「ず~まだんけ」

ず~まだんけ ストリート系ファッションに身を包み、クラブミュージックに合わせて踊る。手には懐かしのけん玉。しかしそのけん玉をよく見ると……紐がない! 紐なしのけん玉を自在に操るのは、けん玉パフォーマンスユニット「ず~まだんけ」。アクロバティックな技やシンクロ技。既成概念にとらわれないけん玉が今、注目を浴びている。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1109847

 このけん玉ブーム、実は海外からの逆輸入。6~7年前、欧米人がけん玉をプレイする動画が火付け役となり、日本でも2~3年前から若者を中心に急速に広まった。海外のけん玉競技人口は100万人ともいわれ、「けん玉ワールドカップ」の来場者は3万8000人(’14年)。けん玉人口は確実に増えつつある。

「外国の方は、『ナニコレ!?』という驚きからハマるケースが多いです。けん玉は100年の間、海外になかなか輸出されなかった稀な日本文化。海外でももともとジャグリングの文化はあったので、“ジャンルとしては知っている、でも新しい”という感覚だと思います」(コダマンさん)

 アメリカでは特に中高生に絶大な人気を誇る。

「プロになりたいという人が多いんです。ほかのスポーツと違って、2~3年で世界のトップになることも可能なので、夢を持ちやすいんだと思います。逆に日本では中高生のプレイヤーは少ないんですよ。ほとんどが小学生か大人です」(イージーさん)

 海外では、プロモデルをつくり、けん玉動画を拡散して、売る、というビジネスもできている。

「けん玉の種類もすごいですよ。昔は玉が赤、青、黒とかだったのが、今は何百種類。大きさや素材も柄もさまざまで、ラバー加工されたもの、ペイントされたもの……プレイヤーは木の素材や重さにもこだわるので、ニーズが尽きないです」(コダマンさん)

次ページ日々増え続けている新しい技

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中