合格率5%を突破!日本人NFLチアリーダー橋詰あずさの軌跡【水着審査画像あり】

 ミニスカートを履いて、ポンポンを手に笑顔を振りまくチアリーダーは、アスリートと言うよりもアイドルに近い存在だと感じるかもしれない。

日本人NFLチアリーダー・橋詰あずさ IBMでの応援シーン2 しかし、この秋からNFL(ナショナル・フットボール・リーグ)のワシントン・レッドスキンズでチアリーダーとして活動する橋詰あずささんは、「ストイックに目標に向けてチャレンジするチアリーダーはアスリート。私もNFLのチアリーダーになるために、毎日のようにトレーニングに励みました」と力説する。

 アメリカン・フットボール(アメフト)の最高峰であるNFLは、アメリカ4大スポーツ(NFL、NBA=バスケットボール、MLB=野球、NHL=アイスホッケー)の中で最も人気が高く、年間王者を決める「スーパーボウル」は米国民の半分がテレビ観戦する国民的大イベント。4大スポーツの中で唯一、日本人選手が誕生していないNFLだが、そのフィールドで日本人選手はプレーしていなくても、サイドラインでは日本人チアリーダーが華麗なパフォーマンスで試合を盛り上げている。

 昨シーズンは10人の日本人チアリーダーがNFLで活躍。とは、言っても日本人チアリーダーがNFLのフィールドに立つには高い壁が立ちはだかる。

 アメリカ人男性がNFL選手を夢みるように、アメリカ人女性にとってNFLチアリーダーは憧れの的だ。アメリカの首都、ワシントンDCに本拠地を置くレッドスキンズの場合、今年のオーディションには約150人の女性が集まった。1週間にも及ぶオーディション期間中にドンドンとふるいにかけられ、最終的には橋詰さんを含む8人の新人が合格。同じくオーディションを経て勝ち残った前シーズンのメンバー24人と共に、合計32人が今シーズンのメンバーに選ばれた。

 オーディションではダンスの技術はもちろんのこと、質疑応答でコミュニケーション能力を試され、水着審査では身体の絞り方もチェックされた。

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1111619

日本人NFLチアリーダー・橋詰あずさ アメリカでのオーディション1

アメリカでのオーディション1

 そんな厳しい審査を通り抜けたものだけが、9万人以上の熱狂的ファンが集まるスタジアムで踊ることを許される。

 5歳からバレエを始めた橋詰さんは、15歳でボストン郊外にある芸術学校へ留学して、クラッシック・バレエやモダンダンスを学んだ。

「将来は世界で活躍できる人になりたかったので、バレエと英語を学べるので留学しました」

 カナダの大学を卒業後には、大手メーカーに就職。海外営業として、世界を舞台に仕事をする人にはなれたが、「仕事は楽しかったのですが、踊りたい気持ちが常に心の片隅にあった」と自分の気持ちをダンスで表現できる場所を求めていた。
 
次ページチアリーダーの世界に飛び込んだのは社会人3年目

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中