プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」

 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第77回目をよろしくお願いします。

メンズファッションバイヤーのMB氏

メンズファッションバイヤーのMB氏。「『オシャレに見える』にはちゃんと理由があるんです」が持論(撮影/難波雄史)

 都内はまだ5月だというのにうだるような夏の暑さ……。こうなると長袖から半袖に変えるだけでなく、足元もスニーカーからサンダルにチェンジしなければ我慢できません。

 例年どおりの楽チンなサンダルでもいいんですが、ちょいと待った!! 今年はいつもの「ご近所サンダル」ではなくてちょっとおしゃれなものを選んでみませんか? 大丈夫、大してお金はかかりません。格安でもおしゃれに見える、とっておきのサンダルブランドを紹介します。

ルイヴィトンのサンダルを手がけた下請けブランド

 2001年イタリアで創業されたブランド「HENRY&HENRY/ヘンリー&ヘンリー」。海好きなオーナーが自身で履くためにおしゃれなサンダルをつくりはじめたのがブランドの起源だそうな。4、5年ほど前から日本に流通しはじめたこのブランド。ユナイテッドアローズなど大手セレクトショップでもこぞって取り扱われており、今や「おしゃれサンダルブランド」の定番となっています。

「イタリア製のサンダルってめちゃくちゃ高そう」と思うかもしれません。確かにインポートのシューズブランドは基本的に高い。夏の定番ドイツ製サンダルの「ビルケンシュトック」はレザーを使っていないのに値段はそこそこしちゃいます。しかしこのヘンリー&ヘンリーは「サンダル」と言っても実は「ビーチサンダル」。素材はラバー製がほとんどで価格帯は2000~3000円。このくらいであればサンダルを新調するといってもさほど負担ではないはず。

 ビーチサンダルといってもつくりはしっかりしています。「安かろう悪かろう」ではありません。それもそのはずこのヘンリー&ヘンリーはもともとルイヴィトンなどの高級ブランドのサンダルを下請けでつくっていた歴史があります。高級メゾンのサンダルをこの価格で楽しめる……と言われれば少し興味も出てくるでしょう。

 いくつかのモデルが出ていますが、MBオススメのモデルを3つほど選びました。ぜひ参考にしてみてください。

次ページクロス ストラップ サンダル 2700円(税込)

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中