東大、慶應卒だらけのHIPHOPユニット・リーマンマイクが「学歴別 合コン攻略法」を伝授

 5月。新入社員が入ってくるこの季節は、学歴をめぐる議論が勃発する季節でもある。各ビジネス誌では学歴をテーマにした特集記事が組まれ、年収と学歴の関係をひも付けてデータを示すケースが珍しくない。

 また、大学生にとっては就職活動の時期であり、いやが上にも学歴を気にする学生も少なくないだろう。

リーマンマイクによる20代新入社員向けの学歴講座


 それは、夜の合コンの場でも変わらない。

 一部OLの中には、女友だち同士でLINEグループを作成し「◯◯大卒の△△商事の人と合コンしたい人!」と、まるで学歴と企業名をカタログのように示して合コンメンバーを募るケースも存在するほど。

 だが、これだけ話題になるというのに、飲み会や合コンにおける学歴別の攻略法は今だに示されていない。

(YouTube:https://www.youtube.com/watch?v=d9l3j-flK3k



 そこで今回は、5月25日にメジャーデビューを果たしたサラリーマンHIPHOPユニット「リーマンマイク」に、20代サラリーマンの学歴別攻略法について話を聞いた。

 だが、インタビューは学歴から離れた意外な展開へと転がっていく…。

フェリス女学院とは仲良くしておけ


二代目(左・慶応義塾大学卒)、石原ロックフェスティバル(右・東京大学卒)

――20代のエリートサラリーマンの合コン攻略法について教えてください。この時期はまだ、よくも悪くも大学名に引きずられて同級生の彼氏と付き合っている女性が多そうですよね。

神秘:そうですね。いわゆる有名大学は女子大とよくインカレサークルをつくっていますから。基本事項として都内の有名大学である東大、慶應、早稲田とそれぞれカップリングする鉄板の組み合わせ女子大を確認しておきましょう。

石原ロックフェスティバル:私の母校の東京大学ならばポン女(日本女子大)、トン女(東京女子大)、お茶(お茶の水女子大)、フェリス(フェリス女学院大)あたりが定番の組み合わせです。

神秘:だいたい男女でカップルになる大学は決まっているものですが、特記事項があります。

フェリスの女のコは卒業後、CAになるコが珍しくありません。なので、学生時代にフェリスと仲良くしておくとCAの横のつながりを紹介してもらって合コンできるというメリットがあります。数年後を見据えた長期的な関係性を築くのが重要ですね。

――なるほど。将来、花が咲くつぼみのような感覚でしょうか。

神秘:そうですね。一橋大学ならば津田塾、あのカトパンを排出した国立音大とつながるのが定番です。

二代目:慶應は大妻、フェリスあたりがメジャーですね。

次ページ新歓コンパに行ってる時点で「負け」

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中