普通の女性の「痴女化」を推し進めた背景とは?

 AVでも頻繁に登場し、多くの男性が夢見る“痴女”。しかし、彼女たちは現実に存在するのか? 『痴女の誕生』(太田出版)の著者、安田理央氏と共に、その真実に迫った。

【痴女誕生の背景】

安田理央「痴女は実在し、旧来の性の価値観にノーを突きつける存在である」


 現在のAVで言われる「痴女」像は、’90年代初頭に池袋の性感マッサージ店のプレイのなかで生み出され、それを作ったのは、その店の女性オーナーとそこで働いていた風俗嬢たち。つまり痴女は女性たちが作り出したのだと拙著『痴女の誕生』では述べた。さらに女性誌がセックスに積極的になることを肯定したことも、女性の「痴女化」を後押しした、と。

普通の女性の「痴女化」を推し進めたの背景とは? 痴女を「男性を責めることで興奮する女性」と定義するならば、間違いなく痴女は実在する。取材を通して、そうした欲求を持った女性が少なくないことが判明した。

 しかし、女性の痴女化を推し進めたのは男性側の変化も大きかった。責められて感じる男がいたからこそ、女性たちはそこに喜びを得たのだ。男が反応しなければ、痴女が誕生することはなかった。

 セックスは男が責め、女は感じるものだという価値観を崩したものが痴女である。’90年代初頭に痴女のシンボルとなった南智子は、自分が変態なのではないかと悩んだ時期があったというが、そのころに生まれた山本わかめ監督は、そんな自分の性癖に疑問を持つことはなかった。女性が積極的に男性を責めることも、男性が責められて感じることも、既に一般化していたからだ。

 セックスの喜びは固定された一方的なものではないという価値観の転換が浸透しつつある。痴女の存在こそがそれを証明しているのだ。そして男性も女性もそれを認識している。

 つまり痴女は男と女が共に生み出したものなのである。

次ページ<痴女年表>

痴女の誕生

今現在進行しているセックスの状況をつぶさに描き出す革命的論考。

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中