ビンスがこだわった“湾岸戦争”のパロディ――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第107回

「プロレスリング・イラストレーテッド」

ビンス・マクマホンがこだわった“湾岸戦争”のプロレス版。U・ウォリアーをWW E世界王座からひきずり降ろしたサージャント・スローターは“フセインの友人”と いう設定だった。(写真は米専門誌「プロレスリング・イラストレーテッド」1991年 4月号表紙より)

 ビンス・マクマホンがハルク・ホーガンの後継者に指名したアルティメット・ウォリアーは、“レッスルマニア6”における感動の新チャンピオン誕生シーンからわずか9カ月でWWE世界ヘビー級王座から転落した。

 ウォリアーが“イラク軍曹”サージャント・スローターにまさかのフォール負けを喫するシーンは、“ロイヤルランブル91”(1991年1月19日=フロリダ州マイアミ、マイアミ・アリーナ)の第3試合という奇妙なポジションにレイアウトされていた。

 タイトルマッチには“マッチョキング”ランディ・サベージとそのマネジャー、シェリー・マーテルが乱入。サベージがリング下からウォリアーに凶器攻撃を加え、スローターがあっさりと3カウントのフォールを奪った。試合終了後、ウォリアーはスローターではなくサベージを追いかけまわした。ウォリアーとサベージの乱闘シーンは、このふたりの新たなる因縁ドラマのプロローグになっていた。

 観客がいささか唐突な王座移動シーンとその意味を“消化”するまえに、リング上では第4試合のザ・マウンティ(ジャック・ルージョー)対ココ・B・ウェアのシングルマッチがはじまった。第5試合では“ミリオンダラー・マン”テッド・デビアス&バージルがダスティ&ダスティンのローデス親子を下した。“アメリカン・ドリーム”ローデスは、この試合を最後に約2年間在籍したWWEを退団。“執事”バージルがデビアスを裏切るというオマケも用意されていた。

 メインイベントにラインナップされた30選手出場・時間差式変則バトル“ロイヤルランブル”は、ホーガンがアースクェイクとブライアン・ノッブスをオーバー・ザ・トップロープで場外に投げ捨てて優勝。“主人公”ホーガンがリング上で星条旗を振るシーンがPPVのエンディングだった。

次ページ湾岸戦争が始まり…

この特集の記事一覧

“結婚したいけど相手なし時代” 理想の相手と巡り会うための「見た目や中身以上に大切なこと」とは?

女性は1人目の相手でゴールインもあるんだって!
sponsored
 いずれは結婚しようと考える未婚者の割合が男性85.7%、女性89.3%と高水準だったにもかかわらず、異性の交際相手をもたない未婚者が男性69.8%、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中