パチンコ釘曲げ事件の裏にロシアンパブが絡んでいた!?

 5月2日、パチンコファンに激震が走るニュースがネットを駆け巡った。京都府城陽市のパチンコ店が不正に釘を曲げたとして書類送検されたのだ。

パチンコ釘曲げ事件の裏にロシアンパブが絡んでいた!? パチンコを知らぬ方からすれば「パチンコ屋が釘を叩くのは当たり前じゃないのか? 逮捕? 摘発?」と、思われるだろう。そして、パチンコを知る方からすればここ数年、釘を巡ってパチンコ業界は未曾有の混乱が起きており、今回の事件もその一端かと……

「京都の事件は遊技クギの問題とは関係がない。もともと警察は入賞口の入り口が11mmを下回る場合、13mmを上回る場合は摘発してきました。10年も20年も前から。今回の京都の件もそれです。13mmを超えていたというだけです」

 と、今回の事件を解説するのは、『パチンコが本当になくなる日』でパチンコの釘問題、パチスロの規制の舞台裏に鋭く斬り込んだパチンコジャーナリストのPOKKA吉田氏だ。事件について聞いた。

「第一報の段階では、釘で書類送検ということで遊技機規制違反ではなくて無承認変更らしいと。これは危ないなぁというのが、第一印象でした。なぜならこの問題は国会でも質問主意書が出ていて、京都府警が本腰を入れたのではないかと。だけど13mm超えの事件としての書類送検だから、何やそれという感じでした」

 さらにPOKKA氏は続ける。

「先ほども言ったように、入賞口の入り口の大きさというのは13mmを超えてはいけない。100%やってはいけないこと。11mmを下回ったり13mmを超えたりするのは昔からやってはいけない事だったんですよ。10年も20年も前から摘発の対象で罰金刑の前例もあります。去年、遊技機の問題が噴出しましたが、それにかかわらず摘発の対象です。ただ、風営法が改正されて遊技機の無承認変更で罰金刑以上になったら全店の営業許可を取り消すこともできるようになってからは、罰金刑の前例はなかった。この風営法の改正は釘問題で全店の営業許可取り消しにするためのものではなくB物(裏モノ)だとか遠隔操作を想定しての規制の強化だったんです。釘の調整で全店営業許可を取り消すようなことはしないので、送検されること自体が珍しい。行政処分にとどまることが多いんですよ」

 今回の事件がパチンコファンに大きな衝撃を与えたのはこの「13mmを超えていた」という点である。そう、店が客に出してもらうようにしてもダメだということなのだ。これに対してネットでは様々な声が噴出。

「ボッタクリ店がパクられたと思ったら、優良店じゃねぇか!」
「優良店摘発せずに、ボッタクリ店摘発しろ!」
「釘いじっちゃダメなら、店はどうやって利益だすんだ? やりすぎだろ」

 などなど、客のために玉を出そうとして摘発されたことに対し、ファンからは驚きと失望の声が挙がったのである。だが、POKKA吉田氏はこう説明する。

「今回摘発された店の釘は13.7mmだった。この13.7mmというのはうっかり開けてしまうというものではない。しかもその姿が監視カメラに写っている。これはもう、言い訳できるようなものではない。もともとこの店、かなりイケイケの店で組合の言うことも警察の言うこともあまり聞かない。へそをガンガンあけたりしてアピールしていたと言います。城陽署は再三に渡って指導していたようなんですね」

次ページ摘発の裏に外事課の案件!?

パチンコが本当になくなる日

2015年に激しく揺れ動いたパチンコ業界。その病巣に鋭く斬り込む!

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中