SNS時代の女の花道!? “プロOL”の生態――とにかく人脈づくり、「副業でライターしています」が決まり文句

 安倍晋三首相は成長戦略の柱の一つとして「女性の活躍」をあげたが、その言葉の通り、自ら起業し、社会にインパクトを与えようとする女性たちが昨今増えてきた。特に、Instagramの中にはタレントのような知名度を持った女性も出現、多くのフォロワーを生み出している。

 そんな社会の第一線で活躍している女性がよく口にするのが「縁に恵まれている」というひと言。やりたい仕事を実現するためには、そうした人脈づくりは不可欠なのだが、スポットライトを浴びている人物は、それに加えコツコツと積み上げてきたビジネスキャリアがある。

 だが、なかには華やかな理想の社会人に近づこうと、経験を積む前に人脈を磨くことにばかりに力を注ぐ「プロOL」も存在する。

 自らの未熟さを知り合いの量と質でカバーする彼女たちは、それなりの地位に就いた大人たちを次々と獲物にし、肥大化してゆく。やがて、自分の人脈が利用されて、気づいたら彼女たちのほうが上の立場になっていることも……。

 そんなSNS時代の怪物、プロOLの生態を紹介しよう。

SNS時代の女の花道――20代前半に急増する“プロOL”の生態に迫る

常日頃から「会いたい!」「紹介してくださいよ~」を連呼


 かまってちゃん的な側面を持つプロOLにとって、目標や願望は内に秘めておくのではなく、外に向け宣言していくというのが基本スタイルだ。

「大学時代の後輩にプロOLが多いですね。たいていメモ帳に『今年中に実現する10のこと』を書いており、wantedlyの仲暁子さん、元トレンダーズ社長の経沢香保子さんをはじめとする社長クラスと顔見知りになることをメモっています。何かあるたびに『会ってお話したいな~』とFacebookでアピールをしているんですが、セミナーに行けばその後の懇親会でお話できたりするので、そこまでハードルの高いことではないんですよね」(30歳・IT系・女性)

「実際セミナーで女社長と会えたプロOLは、わざとらしく苦節感たっぷりに『思いが届いた!』とのコメントとともに、女社長をタグ付けして2ショット写真をアップ。Facebookなら多くの知り合いにも見られるから、 “有言実行”のオンナとして認識されて、これ以上ない宣伝になってますよ。それに釣られたおっさんたちが下心見え見えで『よかったじゃん』とかコメントをしてる。まるで地獄みたいな光景が眼前に広がっています」(24歳・IT系・男性)

次ページ「副業でライターをしています」が決まり文句

“結婚したいけど相手なし時代” 理想の相手と巡り会うための「見た目や中身以上に大切なこと」とは?

女性は1人目の相手でゴールインもあるんだって!
sponsored
 いずれは結婚しようと考える未婚者の割合が男性85.7%、女性89.3%と高水準だったにもかかわらず、異性の交際相手をもたない未婚者が男性69.8%、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中