一人でいることをどう楽しむか?を描くエッセイ漫画が人気なワケ 【荻上チキ×清野とおるのファミレス対談】

評論家・荻上チキが『ゴハンスキー』(週刊SPA!にて連載中)も評判の漫画家・清野とおる氏を訪ねて北区赤羽へ。清野氏御用達のファミレスで漫画のこと、幼少期のことをつらつらと

荻上チキと清野とおる

対談の場所は、清野さんがネームによく使うファミリーレストラン。『ゴハンスキー』第2巻にも登場の店

チキ:最近、グルメ漫画って、いっぱい出てますよね。

清野:実は僕自身、あまり読まないんですよ。四六時中自分の作品を描いてると、空いた時間で人の漫画を読むのも楽しめなくて。自分は自分のやりたいことをやるだけですね。

チキ:グルメ漫画ってデフレ飯かリッチ飯で軸ができると思うんですが。その中で、『ゴハンスキー』は底辺ですよね、デフレ飯の。

清野:ド底辺ですね。もう、クソ漫画ですよ、本当にもう。

チキ:いや、デフレ飯エッセイ漫画の金字塔を打ち立てましたよ。

清野:食に特化したマンガの連載は初めてだったので、括りを設けずに、毎週、頭に浮かんだことを好き放題やってやろうって感じです。

チキ:グルメだけでなく、散歩、お酒に街モノと、今、エッセイ漫画・体験マンガが氾濫していますよね。かつては、『だめんずウォーカー』とか男女の恋愛に注目が集まっていた。今はカップルを前提とするんじゃなくて、一人で振る舞うことを前提としたエッセイがいっぱい出てきている印象です。『孤独のグルメ』も含め、一人をどう楽しむかを描くものが増えたなって感じがします。

清野:そういうのは、やっぱり一人で行動する人が読むんですかね。

チキ:一人でいる自分を肯定してくれる道具として、読まれるものが増えた気がしますね。

清野:共感ですかね。共感って最強ですもんね。

チキ:共感が一つと、変なエピソードトークって鉄板じゃないですか。こうした漫画も、友達から聞く感覚で疑似体験できるみたいなところはあるのかも。そういった作品が受けている感じがします。

清野:自分にはできないことをキャラクターがやってくれるみたいな。

次ページネタってどうしてるんですか?

ゴハンスキー2

珍才マンガ家・清野とおるのノンフィクショングルメマンガ第2弾


週刊SPA!6/7号(5/31発売)

表紙の人/ 岩田剛典(EXILE/三代目 J Soul Brothers)

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中