刺青=ヤクザ!? 暴力団排除の巻き添えを食う「刺青・タトゥー」愛好家たち

 この国では「刺青=悪」なのか? 外国人客の流入や、ファッションの多様化に伴い、刺青やタトゥーを目にする機会が増えたが、一般化するにはハードルが高いのも事実。刺青を取り巻く現在の状況を追った。

刺青=ヤクザ!? 暴力団排除の巻き添えを食う愛好家たちも


浅草の三社祭

写真/江戸村のとくぞう(CC BY-SA 3.0)

 浅草の三社祭といえば、色とりどりの絵柄を体に彫り込んだ人々がその美を競い合う“刺青品評会”としての一面も知られてきた。ところが5月中旬の祭りでは、彼らは鳴りを潜めていた。神輿見物をしていた商店街の店員に聞けば、昨年から刺青が見える状態で神輿を担ぐのはNGになったという。

「刺青客はお断り」という“ルール”は、健康ランドや温泉旅館などではすでに一般的になりつつあるが、その風潮はいまや祭りという年に一度のハレの場にまで及んでいるのだ。

 こうした刺青排除の論理は正しいのだろうか。そもそもそれをジャッジできるほどに日本人は刺青を知っているのだろうか。まずは、刺青排除運動の原点ともいえる公衆浴場の事情を、刺青専門誌『タトゥーバースト』の元編集長・川崎美穂さんに聞いた。

「街の銭湯については、公衆浴場法が『地域住民の日常生活において保健衛生上必要』と定める公共性が高い施設なので、刺青の客も基本的に断りません。一方、健康ランドなどの娯楽施設や宿泊施設などの温泉は、より私的な空間と位置づけられ、断られることがあります。『刺青お断り』の看板というのは『暴力団お断り』という意味合いで、警察が作って入浴施設に配っているケースのほか、事業者が自主規制として掲示しているケースがあります」

次ページ自主規制の施設こそ問題?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中