「ぽっちゃり市場」は今後、加速するのか。ついに学術的研究にまで発展!?

「なぜ我々はぽっちゃりを嫌悪しつつ、こんなにも愛してしまうのか」――

 こんな疑問を抱いた人はいるだろうか。

 ぽっちゃり女子向けのファッション誌『la farfa』のヒットやインスタグラムのフォロワー数4100万人以上を誇る渡辺直美らぽっちゃりしたお笑い芸人の台頭、さらには大手アパレル通販各社も大きめサイズを続々とリリースするなど、「ぽっちゃり市場」が好調だ。男性向けでも“30代のポッチャリメンズ”のためのファッション&ライフスタイルマガジン『Mr.Babe』創刊や『意識の高いデブ』の書籍化などが話題にあがった。ちなみにSPA!でも以前、「新事実!ぽっちゃり男はモテる!!」なる特集を組み、反響を呼んだ。そのときのアンケート(20~30代の女性200人を対象)では、「恋愛対象としてぽっちゃり男はアリ」と答えたのは64%、ぽっちゃり男に「優しそう」「包容力がありそう」などプラスイメージを抱く女性が多くいた。

ぽっちゃりを学術的視点からとらえた講義が学生に大ウケ


「ぽっちゃり身体論」を講義する菊地浩平助教授(左)とぎたろー氏

 そんな「ぽっちゃり市場」が好調なところで、ぽっちゃりを文化史的視点からとりあげた珍講義が大学で開かれた。早稲田大学文化構想学部の「身体論Ⅰ」内の企画として、表象・メディア論系の菊地浩平助教授が展開した「ぽっちゃり身体論」だ。当日は、講義が始まる前から学生が教室の入り口に行列をつくり、学生たちの期待の高さがうかがえた。

 文頭にあげた「なぜ我々はぽっちゃりを嫌悪しつつ、こんなにも愛してしまうのか」というひとつの矛盾を抱えた問いをテーマに、講義の前半は、歴史的遺産や舞台、映画を資料に時系列的を追いながら①豊穣と性愛的モチーフとしてのぽっちゃり、②忌避すべき醜悪、啓蒙の動機としてのぽっちゃり、③喜劇的な記号としてのぽっちゃり、④ハムレット体型の変遷と「闘争」など、ぽっちゃり今昔について少し真面目に展開した。

ぽっちゃりを武器に生きるぽっちゃり先生が登場


 後半は、俳優でダンサーのぎたろー氏が登壇。氏は、かねてから「デブ学」を研究する学識者でもある。まずは自身が出演したSEKAI NO OWARIのMV「Mr.Heartache」(https://www.youtube.com/watch?v=q9iozQDEO_U)で学生の興味をガッツリ掴んでから、ぽっちゃりとして生きる道を説いた。



 ちなみにぎたろー氏は、自身を「ぽっちゃり」ではなく、ただの「デブ」と呼ぶ。曰く、「ぽっちゃりは自分で呼称するものではなく、人が判断するもの」。

次ページ「イケメンよりデブのほうが考えようによっては有利」

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!
sponsored
 今年7月に発表された総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、スマートフォン(スマホ)を保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超…

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中