「街の匂いもメシの味も何もかも合わない」――46歳のバツイチおじさんはスリランカに来たことを激しく後悔した【第25話】

46歳のバツイチおじさんによるノンフィクション巨編「世界一周花嫁探しの旅」、長らく東南アジアをぐるぐる回ってましたが、今回はついに6か国目の地、スリランカに移動します。前回、二度目のバンコクでセレブな香港美女とデートするも、ハードボイルド小説のようなせつない別れを選んだバツイチおじさん。果たして新天地ではどんな出会いがあるのでしょうか。もはや恒例行事となりつつある「移動するたびにトラブルに巻き込まれる」も期待を裏切らない仕上がりです!

「この子を連れて帰るなら、俺たち全員分のお金をお前が払えよ」――46歳のバツイチおじさんはアラブの荒くれ者に難癖をつけられた英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅」【第25話 スパイシーな出来事】

二回目のバンコクも4日が過ぎようとしていた。
朝、遅めに起き、洗濯をした後、ドミトリーのベッドに横たわりながらインドについて考えた。
この旅を始める決意をした時、インドには行きたいと思った。
インドには男のロマンを揺さぶる何かがある。
実はバンコクに戻ってきたのは、「インドのビザが取りやすい」と聞いていたからだ。
しかし、東南アジア一周で知り合った旅人情報によると、今はバンコクでインドビザを取れなくなってしまったらしい。

「インドへの旅はビザを取るところから始まっている」

別の旅人はそんなことを言っていた。
インドという国を旅するのは、何かと苦労するそうだ。
インド人は日本人とは違う価値観で生きているらしく、そのビザを取ること自体もかなり大変らしい。
俺は諦めずにリサーチを続けた。すると今、インドビザはスリランカかミャンマーのほうが比較的取りやすいということがわかった。

「スリランカってどんな国なんだろう? まったく知らないから、興味ある……」

俺はスリランカに行くことに決めた。そろそろ東南アジアを離れ、異文化に飛び込みたかった。
スリランカとはインドの南に位置する「紅茶とアーユルヴェーダ」が有名な、北海道の8割ほどの小さな島国だ。スリランカとは「光り輝く島」という意味で、自然、宗教、文化が混在することで、この国は光り輝くような魅力を放っているらしい。

「この見知らぬ異国で、自分の中の価値観をバラバラに崩壊させたい」

それがこの国を選んだ最大の理由だった。

スリランカ大使館が運営する英語オンラインサイトでETAと呼ばれる短期ビザを30$で取得し、航空チケットを買った。スリランカへ入国するには行きのチケットはもちろんのこと、出国先のチケットも事前に購入しなければならない。そこで、入国先はスリランカのコロンボ・バンダラナイケ国際空港、出国先は2週間後にすぐにインドに入れるように、インド・バラナシ空港行きのチケットを予約した。

バンコクのスワンナプーム国際空港

バンコクのスワンナプーム国際空港に到着すると、搭乗手続きするためカウンターに並んだ。列にいる人達を見ると、インド人っぽい人かアラブっぽい人がたくさんいる。どの人がスリランカ人かはまったくわからない。

空港職員「パスポートとチケットを拝見します」
俺「どうぞ」
空港職員「入国先はコロンボ空港、出国先はバーレーンでよろしいですね?」
俺「……ん?……バーレーン?」
空港職員「はい」
俺「インドのバラナシを予約したんですけど」
空港職員「……いや、バーレーンで予約されています」
俺「バーレーンってアラブの?」
空港職員「はい。アラブのバーレーンで予約されてます」
俺「バラナシではなく?」
空港職員「はい。バラナシではなく」
俺「バーレーンってあのバーレーン?」
空港職員「はい。あのバーレーン」
俺「……………」


やばい、間違った。
バラナシとバーレーンを間違えた。
つーか、「バ」しかあってねーし。
いや、それも違うわ。
VaranasiとBahrainって、一文字めから全然違うわ。
まったく似ても似つかぬ地名だったわ。

なんでだろう。
なんで入出国するたびにトラブルが起きるんだろう。
英語にはかなり慣れてきたとはいえ、やはり英語入力はまだまだ完璧ではないようだ。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1130773

チケット

どこからどう見ても「Bahrain(バーレーン)」と書いてある……

しかし、ここで立ち尽くしていてもらちが明かない。
仕方がないので、出国先をサウジアラビアの隣に位置する小国バーレーンにしたまま、搭乗手続きを終えた。

機内に入ると妙に香辛料くさい匂いが蔓延していた。
乗客は浅黒い顔で英語以外の言語を喋る人たちと民族衣装か宗教衣装を着た人たちしかいない。
日本人はもちろん俺だけ。俺は少し身構えた。ぶっちゃけ怖い。
4時間ほどフライトすると、スリランカのバンダラナイケ国際空港に到着した。

スリランカのコロンボ・バンダラナイケ国際空港

次ページなんとかスリランカに入国したが…

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中