岡崎、香川、本田と縁が深い選手や監督も登場。欧州サッカー最強国を決める「EURO2016」開幕

 4年に一度、オリンピックと同じ年に、欧州サッカー最強国を決める戦い「EURO2016」が開催国フランスvsルーマニアで開幕。フランス代表が2-1で劇的勝利した。7月10日までの約1か月、日本では深夜から早朝にかけて全51試合がWOWOWで生中継されるため、寝不足で会社に行く人も多いはず。そんな「EURO2016」は欧州のサッカー最強国を決める戦いだけに、当然ながら日本人選手は出場していないが、海外で活躍する日本人選手と縁がある選手や監督が数多く出場している。

「EURO2106」のメインスタジアム「スタッド・ド・フランス」 (C)Getty Images

 例えば、今年プレミアリーグで下部降格候補から一転、優勝を果たしたのが岡崎慎司を擁するレスター・シティFCだというのは、サッカー好きじゃなくても知っているだろう。このレスターのエースが、「EURO2016」でイングランド代表として初めて主要大会に挑むジェイミー・ヴァーディだ。20代前半をノンリーグ(5部以下のいわゆるアマチュアリーグ)で過ごしてきた異色の遅咲きストライカーの彼が代表デビューを飾ったのは、「EURO2016」の予選。初招集からおよそ1年、いまだ代表チームでは大きなインパクトを残せていないが、”クラブチーム”での大出世を考えれば、今大会での大躍進も決して不思議ではない。

 また、ボルシア・ドルトムントがブンデス・リーガ連覇を果たした2010~2012年に、香川真司とともにチームの中心選手だったのがポーランド代表のロベルト・レバンドフスキ。その後もリーグ得点王を獲得。ドイツ最強クラブであるバイエルン・ミュンヘンへ移籍し、最近ではレアル・マドリードが強い興味を示していると報じられるなど、当代随一のストライカーとしての地位を築いている。「EURO2016」の予選でも得点王に輝くなど、今大会の主役候補の1人であることは間違いない。

ポーランド代表のロベルト・レバンドフスキ (C)Getty Images

 そして、このレバンドフスキの現在の同僚に当たるのがドイツ代表の守護神マヌエル・ノイヤー。世界最高のゴールキーパーとの呼び声が高いノイヤーの存在が日本のメディアで大きく取り上げられたのは、彼がまだシャルケ04に在籍していた2011年3月12日の試合だった。前日に発生した東日本大震災の被害者へのメッセージを記したユニホームを用意していたチームメイトの内田篤人を、試合後、観客の前へとエスコート。「日本の皆へ、1人で多くの命が救われますように、共に生きよう!」と書かれたユニホームを身にまとまった内田を横で支えていたノイヤーの姿を覚えている人もいるだろう。

次ページベルギー代表監督のマルク・ヴィルモッツ

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中