梅雨時は「喘息」に注意。大人が発症すると完治率は5%

 ジトジト雨が降り続くと思いきや、急な晴れ間と気温の急上昇。湿度を伴った天気は働く男にとっては年々厳しさを増すばかり。感じる体の重だるさ、この時期の「男の危機」の乗り越え方を考える。

 この時期、咳が増えたり、胸が痛くなることはないだろうか。ひょっとするとそれは、気管支喘息の前ぶれ“咳喘息”かもしれない。

喘息_佐野靖之

佐野虎ノ門クリニック院長の佐野靖之氏

「梅雨時は、一年のうちで2番目に喘息患者が増える季節。この時期、初めて喘息になる人も多いんです」

 こう語るのは、佐野虎ノ門クリニックの院長・佐野靖之氏だ。喘息は“子供がかかる病気”だと軽んじる人も多いが、佐野氏によると、それは大きな落とし穴だという。

「喘息患者の70%は大人。それも40~50代で発症する人がほとんどです。そして、子供は喘息になっても半数が治りますが、大人の場合は完治率がたったの5%。症状が軽いうちに治療しないと、一生付き合うハメになり、重症化すると命も落とします。とくにタバコや香水の臭いが苦手な人、花粉や食べ物などのアレルギーを持っている人は、気管支が敏感なので、注意が必要です」

 喘息で亡くなる人は年間2000人。決して侮れない病気なのだ。

JAPAN-HEALTH-TOBACCO

最近タバコの臭いが苦手になったという人は、喘息にかかりやすい体質になった可能性がある

【佐野靖之氏】
佐野虎ノ門クリニック院長、東京アレルギー・喘息研究所所長。専門は気管支炎喘息など、アレルギー性疾患全般。『名医の図解 ぜんそくに克つ生活読本』など著書も多数

※6/14発売の週刊SPA!では「梅雨は[男のカラダ]が危ない」という特集を掲載中

<取材・文/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!6/21号(6/14発売)

表紙の人/ 渡辺麻友

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中