“うっかりエッチ”した経験がある女性たちに聞いてみた。それって、どんなとき?

 男なら一度は経験したい棚ボタSEX。実際、女性にはその気がないのに“うっかり”Hしてしまうタイプと、そうでないタイプがいるらしい。ブログやTwitterで自身の恋愛・SEX体験を赤裸々に綴る女性たちに、素直な本音を聞いてみた。

新垣由奈

イメージモデル/新垣由奈

<うっかり娘座談会・参加者>

●Betsy…SEXとメタルとおむすびを愛するアラサービッチ。ブログ「ちょっとだけbitchな生き方(仮)」のほか、Webメディア「AM」にもコラム連載中

●マドカ・ジャスミン…あまたのメンズと飲み交わした経験から合コンコンサルタントに。Webメディア「街角のクリエイティブ」「MTRL」などでライターとしても活動中

●ゆっち…現役の高校国語教師のかたわらTwitterでの発言が注目され、Webメディア「AM」でコラムを連載中。ブログ「ゆっちのアラサー独身まっしぐら」も更新中

女たちは“うっかり”に燃える


Betsy:私は立ち飲み屋やロックバーでひとり飲みすることが多くて、たまたま来ていたアラフォー男性と楽しく盛り上がっているうちに、「いいかな」と思ってヤッちゃうことがあります。

マドカ・ジャスミン:私は19歳の頃、西麻布や六本木のキラキラした合コン世界に味を占めて。当時遠方だった家に帰るのが面倒で、ヤリたいと思えて家やホテルに泊めてくれるなら誰でもいいや、という時期がありましたね。

ゆっち:私の場合、“うっかり”が起きるのは職場の上司や友達など、前から知っている相手だけ。そういう人は、ヤレるかヤレないかギリギリのラインの人が多い。

Betsy:たぶん3人とも、タイプの男性は自分から誘うので“うっかり”にならないんだよね。

ゆっち:そうそう。合コンやナンパではもとからタイプな人が押してきたときしかヤらない。でも上司や友達なら、見た目は“ギリヤレない”人でも、日頃からの人柄が加点されて、酒の勢いで“ギリヤレる”人になることがある。

マドカ:共通しているのはお酒の席だってことですね。お酒なしの“うっかり”はあり得ないかも。

ゆっち:うん。そもそも、自分に対して下心を感じる人に誘われて、その気がないなら二人で飲みに行かないし。でも中には、私たちみたいな女子とは違う“うっかり”しないタイプもいて、「そういうつもりじゃなかった」と言い出したりするから、見極めは必要だけど。

次ページ“うっかり”の経験人数は…?

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中