ダルビッシュも受けたトミー・ジョン手術、「子供の患者急増」という異常事態

 先月、右ひじのトミー・ジョン手術(※)から約2年ぶりの登板で勝利を飾ったダルビッシュ有。しかし、その後右肩痛を発症し、現在は故障者リスト入りしている。

 そこで改めてクローズアップされているのが、手術そのものの是非。いまや10代前半の患者が急増しているという。こうした客観的事実については、ウォール・ストリート・ジャーナル(6月8日 配信の記事)が報じた通りだろう。

※トミー・ジョン手術:1974年にフランク・ジョーブ博士が考案した手術。損傷した肘のじん帯を切除し、他の部位から正常な腱を摘出して移植する。初手術を受けたトミー・ジョン投手にちなんでこう呼ばれている。

ダルビッシュ有投手 PHOTO/Keith Allison(CC BY-SA 2.0)

プロでもない子供たちに肘の故障が急増


 だが重要なのは、その原因である。なぜプロでもない子供が、大がかりな手術を受けなければならないのだろうか? 「The False Hope of Tommy John Surgery」(New Republic 6月3日配信)の筆者ジェフ・パッサンは、かつてないほどに肘の故障が増加し、若年化する現状をこう捉えている。

数多くの成功例が存在するからこそ、トミー・ジョン手術は、ある矛盾を孕んでしまった。選手の体調管理への誤った認識が野放しになり、事態の深刻さに気付いたころには、取り返しがつかなくなっていたのだ。
(筆者訳、以下同)

 ケガを未然に防ぐのではなく、ダメになったら取り換えればいいとの考え方が主流になったのだ。ボストンレッドソックスの前GMベン・チェリントンの言葉が象徴的だ。

「肘の問題は解決されたんだから、考えなくなっただけの話だ」。

次ページリトルリーグでの環境も…

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中