祝・上海ディズニーランド開業に学ぶ驚愕のマーケティング術【コラムニスト木村和久】

― 木村和久の「オヤ充のススメ」その121 ―

 上海ディズニーランドがオープンし、これで香港と合わせて、中国に2つのディズニーランドが存在することになる。作り過ぎなのか? 以前関係者に聞いたことがある話をしよう。ディズニーランドのマーケティング戦略は、2億人にひとつのディズニーランドということらしい。

写真は上海の街並み

 日本は1億2000~3000万人いて、プラス、アジアのお客さんで充分2億人の商圏があると読んだ。しかし、ふたを開けると、中産階級が多いゆえ、日本人だけで、充分集客できた。そこでディズニーシーへと、施設拡大を図ったのだ。

 そう考えると、中国は11億人いるから、もっとあってもいいと思えるが、実際の中産階級は、3~4億人程度と言われている。鄧小平の「富める者から先に富みなさい」の教えのもと、沿岸部を中心に、潤ったのは3分の1の人々。現在はこれでマーケティングが成立する。今後、中国はGDPがアメリカを抜き、超大国になるのか? それって、11億人が高級車に乗り、牛肉やマグロを食べるってことでしょう。それはどうだろうか。中国の発展は、今踊り場に来ているから、GDPもディズニーランドの数も現状維持だと思うんですが。

 今後、新たにディズニーランドを開業させるとしたら、それはどこか? アメリカはすでに2つある。アメリカの人口は3億人、カナダと中南米を加えて4億人。マーケット戦略が見事に一致しているので、北米はないでしょう。

 それよりもオーランドのディズニーワールドでワニに子供が襲われた痛ましい事件、そっちの対処で精一杯ですね。実は昔、ディズニーワールドのゴルフ場でプレーをしたことがあるけど、ブッシュにボールを入れて怖かった記憶がある。あのエリアは湿地帯で、ちょっと離れると、沼とも池とも見分けがつかない、ぬかるみが延々あった。「ここにワニいそうだな」と、冗談を言ってたが、まさか本当にいたとは。絶句です。

次ページヨーロッパはさほどディズニーランド支持者がいない?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中